薄毛でお悩みの女性の方、
その薄毛の状態が頭部全体にあらわれているなら
それはびまん性脱毛症の可能性があります。
 
ここでは、びまん性脱毛症の症状や5つの原因、
治し方をご紹介させて頂きます。


Sponsored Links


 

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症とはどのようなものなのでしょうか?

抜け毛や髪の毛が薄くなったりすることに
悩む女性が増えてきています。

びまん性脱毛症とは、女性だけがなる
頭の髪の毛全体が薄くなる脱毛症のことをいいます。
つまり男性はなることがありません。

男性の抜け毛や薄毛は、生え際から薄くなるものや
後頭部が薄くなるといった
部分的に薄くなる場合が多いのですが、

このびまん性脱毛症は、頭部の髪の毛全体が
薄くなり、髪の毛一本一本が細くなり、
地肌が見えてくるくらい不健康な頭髪になります。

このびまん性脱毛症は、年配の方だけではなく
若い女性でもなってしまう場合があり
美を追求する女性にとって非常に深刻に考えなければ
いけない重要な問題となっています。

 

びまん性脱毛症はなぜおこる!?5つの原因

では、びまん性脱毛症の原因にはどのようなものがあるのでしょうか?
5つの原因を以下にまとめてみました。

・年をとること

男性だけでなく、女性も年を取ると薄毛になりやすくなります。
人は年を取ると身体のさまざまな機能が弱っていきますが、
毛髪ももちろん老化していきます。


Sponsored Links


加齢が原因で、毛髪を作る機能が衰え、
頭髪がなかなか生えなくなってくるのです。

男性も女性も四十歳をこえると髪が生えにくくなり、
毛髪の量が少なくなっていきます。

・ストレス

ストレスも加齢と同じで男性、女性に限らず
脱毛、薄毛の原因となります。

男性だけでなく、女性も日常生活で受けるストレスが
増大してきているため、ストレスは薄毛の要因の上位に
あがってきています。

ひどいストレスを感じると、頭皮の血液がきちんと流れなくなり
髪の毛が生え変わるサイクルが上手くいかず、脱毛、薄毛の原因となります。

・ダイエット

極端なダイエットは、びまん性脱毛症の原因となります。

食事をしなかったり、ある食品だけを食べるなど
偏った食事を行うダイエットを行うと、
栄養分が毛髪に行き届かなくなり、

髪の毛が生え変わるサイクルがうまくいかなくなり、
脱毛や、薄毛の原因となってしまいます。

身体の中でも特に頭の毛の部分は栄養分が
行き届きにくいので、極端なダイエットをすると
一番影響を受けてしまうのです。

・経口避妊薬を飲むこと

女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンの2つの種類があります。
このうち、プロゲステロンは妊娠を続けさせる作用があります。

このプロゲステロンを配合した経口避妊薬を飲むと
妊娠しているような状態になり、排卵を抑えることが可能になります。

更に抜け毛を抑える効果もあり、経口避妊薬を飲んでいると
頭髪が生えやすくなります。

しかし、経口避妊薬を飲むのをやめると、女性ホルモンの
一つであるプロゲステロンの効果が無くなり
反動で、薄毛になってしまいやすくなります。

・シャンプーやスプレー、ムースなどの整髪剤の影響

びまん性脱毛症の原因には、シャンプーや
スプレー、ムースなどの整髪剤の影響があります、。

刺激の強い市販のシャンプーなどで、
一日に何回も髪を激しく洗ったりするのは、
頭髪のためにはあまり良くありません。

洗浄力が強すぎると頭皮や髪に悪影響を及ぼし、
薄毛の原因になります。

さらに、スプレーやムースなどの整髪剤を
使用しすぎるのも頭髪にとって良くありません。

スプレーやムースなどの整髪剤の中には
シャンプーでもなかなか洗いきれないものがあるため、

それが頭皮や頭髪に残ってしまうと
頭皮が炎症を起こしてしまい、ひいては
脱毛、薄毛の原因となってしまうのです。

 

びまん性脱毛症の治し方

びまん性脱毛症の治し方は以下の通りです。

女性特有の薄毛であるびまん性脱毛症は、
男性型脱毛症に比べ、原因がきちんとわかるため、
男性型脱毛症に比べると治療しやすい脱毛症です。

びまん性脱毛症になった場合や
ならないために気をつけなくてはいけない点は、
ストレスを感じないように、適度な運動、
趣味などの時間を作り、たっぷりと休息時間をとるようにし、

普段からストレスをその日のうちにできるだけ解消するようにし、

極端なダイエットをせず、栄養バランスのとれた食事を
するように気をつけ、髪にやさしい弱酸性のシャンプーで
優しく洗髪するようにし、整髪剤はなるべく使用しないようにしましょう。

それでもなかなか薄毛が良くならない場合は、
育毛剤やサプリメントを使用してみて下さい。

びまん性脱毛症になったかなと思ったら、
まず日頃の生活習慣を見直し、
育毛剤やサプリメントを使用してみましょう。

それでも改善されないようであれば
専門の医療機関を受診してみましょうね。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links