今日だけなんか特別に臭うというときって
あったりしませんか?
 
私は子供の頃からニンニクが大好きだったので、
学校に行って「くさい」「なんかにおう」と
不意に言われたことが有ります。


Sponsored Links


いきなり言われるとドキッとしたりして
別に嫌がらせとは受け止めてないのですが

自分では臭いが分かりにくくなっているので
食べ物によって体に臭いが付くことを
あらためて実感させられたものです。

にんにくは臭いが付くからと嫌がる人が多いですが、
これまた好きな人間にとっては
堪らない食材だったりするんですよね。

しかも体力はつきますし、
体が丈夫になるというメリットもあります。

このにんにくの臭いがでるしくみと
臭いがしなくなる方法について
迫っていきたいと思います。

ニンニクの臭いのしくみ

ニンニクの臭いのしくみは
アリルメチルスルフィドが原因といわれています。

これは、にんにくを調理したときに
アリシンというものが発生するのですが
それを食べることにより、
アリルメチルスルフィドがでます。

この物質がいつまでも嫌なにおいを
持続する原因です。

ニンニクのにおいを消すにはどうしたらいい?

汗の臭いはにんにくのような食べ物や
飲み物から発生する臭いの


Sponsored Links


成分も多分に含まれているので、
食習慣自体を変える必要も考えなくては
ならない場合がおおいのですが
食べ物や飲み物で解消する場合もあります。

ニンニクの臭いを消す方法として
牛乳が効果があると言われています。

まぁたしかに牛乳を飲むと
少しは臭いが治まる気がしますが
やっぱり臭います。

そこで、よく飲んでいるのが
緑茶です。

緑茶の消臭効果は
非常に日本人に親しまれていて
「ほんとに臭わなくなるの?」
とびっくりする方が多いですが、

意外と臭いがしなくなるものです。
およそ500mlのペットボトルのお茶を
飲みきるくらいが目安となっていますが、
もう少し多めに飲んだほうがよいでしょう。

しかし、緑茶をあまり飲みすぎると
今度は緑茶には
利尿作用がありますので
何回もトイレにいくことになってしまいます。

自宅にいるときは大丈夫なのですが
お仕事中や仲間との懇親会の場合、
トイレに行く回数が増えるのは
かなり嫌ですよね。

そこで緑茶はほどほどにして
パセリや歯磨き、ブレスケアが
結構役に立ちます。

ブレスケアはパセリオイルと
ミントオイルが含まれていて
臭いの改善に役立ちます。

ちなみにブレスケアの代用として
ミンティアやフリスクを使用する方が多いと思いますが
口臭には役立ちますが

汗をかいたときの体臭には効果が薄いので
ブレスケアのほうがいいかもしれません。

ニンニクを食べると本当に驚くほど便秘もスッキリするので、
私達日本人にとっては欠かせない食べ物です、
臭いと上手く付き合って
効率よく取り入れていきたいですね。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links