Sponsored Links


汗は体温調整の為に一年中かきますが、
暑い夏は特に汗の量が増えて気になりますよね。
そんなとき汗を抑えるアイテムが役立ちます。
 
だからといってこの汗が出なくなるのも
体にとっては体温調整が出来なくなる一大事。


Sponsored Links



しかし、現代人は汗をかくことに
おっくうになっています。

汗をかきすぎると周囲が騒ぎすぎるからです。

たとえば、友人とスポーツしているときに
まだ、友人が目立った汗をかいてないのに
自分だけ汗をかきまくり・・・

すると、「汗、すごいね・・・」といわれたり
する人は必ずいます。

そうなると「なんで、自分だけこんなに
汗をかくんだろう」と
汗を頻繁にかく方は思ってしまいます。

 

汗を抑えるアイテムを知る前に・・・

しかし、汗をかくというこということは
代謝が良い証拠ですし、
汗の量についての判断は難しいところです。

たとえ、周囲の人に汗っかきだなぁとからかわれても
気にする必要がない場合もありますし

匂いが気になるからと言って
汗をかく行動を避けると却って体に悪く危険です。

というのも体温が一年中ほぼ一緒に
保たれているのはこの汗の働きのおかげですし
体内の老廃物質も排出する働きもあるからです。


Sponsored Links


どうしても、他の人よりか汗がすごいと
思う方は

こういったことを踏まえて
以下の汗を抑えるアイテムを使用してみてください。

オドレミンやオドジェルミン
オドレミンとオドジェルミンは
精製済みの塩化アルミニウム液です。

この塩化アルミニウム液は
汗を抑える働きがあります。

もし、使用するときにはオドレミンや
オドジェルミンという
すでに精製されたアイテムを購入して使うのが
いいのかもしれません。

ただ、もし使用される場合は
あまりつけすぎず、使用頻度を
ひかえるほうがよいでしょう。

詳しくは使用されたかたのレビューをみて
参考にしてみてください。

また、塩化アルミニウム液は
ご自分でも作ることもできますが
やめておいたほうがいいでしょう。

副作用として体質により、
かゆみやただれがでる可能性がありますので

もし使用したい場合は
皮膚科で相談して処方してもらう
ほうがよいでしょう。

 
濡れタオル

乾いたタオルは汗を吸収して
時間がたつと、菌が繁殖してきて
だんだん臭いが強くなってきます。

その臭いがついたまま、汗をふいても
汗はとれますが、体臭はとれません。

ですので、水で濡らしたタオルを
しぼってから汗をふき取るように
すると体臭も消えて便利です。

ポイントは汗をふき取ったら
そのたびに洗うということです。

以下の方法は体臭には効果がありません。

ハッカ油

ハッカ油のメリットは
とても暑いときに
皮膚に直接かけることにより、

身体が涼しく感じるということです。

なので熱中症予防に最適なアイテムです。

しかし、一見、涼しくなれば
汗がとまるのでは?と思う方も
結構いるのですが、

実際には汗をとめるという
効果はありません。

そして、ハッカのにおいは
結構すごいので

そういったことも考慮して
使うようにしてみてください。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links

おすすめの記事