Sponsored Links


夏真っ盛りの時期に革靴などを長時間履いていると
むれて足が臭くなってないかどうか
気になりますよね。
 
ここでは、足臭い時の原因とは何か、
足の臭いを撃退する方法は
どのようなものがあるのか
具体的にご紹介させて頂きます。


Sponsored Links


足の臭いの原因

足の臭いは、皮膚の汗腺から分泌される液と
増殖した微生物が要因です。

足の裏の汗は、エクリン腺から分泌されるもの
なのですが、この汗腺から放出される汗は、
ほぼ100%が水分であるため
じつは臭いはありません。

では、なぜ足が臭くなるのでしょうか?

足の裏は、エクリン腺から分泌される
汗により蒸れることにより、

湿気を好む土壌の微生物の反応が活発になり、
足の裏の垢や角質を分解し
イソ吉草酸(いそきっそうさん)を発生させます。

このことが足が臭くなる要因です。

土壌の微生物はゴミなども発酵させて
しまうほどの力をもっています。

時として、環境のために役に立ってる部分もありますが、
このような体臭ができてしまう原因でもあるので
複雑ですね。


Sponsored Links


life5

また、足の臭いの原因は、
足の裏だけでなく、足の爪も臭いの
原因となっています。

つめをのばしておくと、
その隙間に微生物が含まれた

土や砂が入り込んでしまい、
繁殖することが
原因で足が臭うのです。

ですので、足の裏の臭いを撃退するためには、
足の裏だけでなく
爪も伸ばさないようにするなど
お手入れする必要があります。

 

足の臭い撃退法

足の裏のケアの方法は以下の通りです。

足の裏のお手入れは、足の裏の臭いのもとになる
微生物の好む古い角質を取り除くことが重要です。

角質を除去するためには、専用のお手入れ製品を
購入し使用しましょう。

気をつけなくてはならないのは、
角質が固くなっている部分を削り取ろうとすると
皮膚が傷つき炎症を起こしたり、

もとから皮膚に常にいる微生物が少なくなることで、
さらに臭いのもとになる微生物が増え
更に臭くなってしまうからです。

もともと足の裏の角質が柔らかい方は、
バスタイムに自然と角質がはがれやすいので、

普段から睡眠前に尿素配合のフットクリームを
塗り足をラップで巻くなどのお手入れ方法が
おすすめです。

また、毎日お風呂に入り、石鹸をしっかりと泡立て
足の裏から足の指の間までをきれいに洗浄するようにしましょう。

足の爪のケアの方法は以下の通りです。

足の爪も足の臭いの原因となるので、
お風呂に入っている時にしっかりと洗浄しましょう。

洗浄方法は、新しいやわらかい毛の歯ブラシに
石鹸をつけ、爪の間や周りの皮膚を優しく
洗浄します。こうすると、爪の周りや
爪の間を簡単にきれいにすることができます。

また、普段から深爪にならない程度に
短く切りそろえておきましょう。
そうすると、爪を清潔に保ちやすくなります。

さらに、冬場以外は、家にいるときは
裸足で過ごすようにしましょう。
そうすると、足の蒸れを防ぐことができ、
足の臭いも抑制できます。

足の臭いを防ぐには、足そのもののお手入れだけでなく、
普段から履いている靴もお手入れしなければなりません。

靴は、脱いだらすぐに臭い消し、殺菌効果のあるスプレーを
吹き付け、乾燥剤をいれます。
そのまま、そのまま二日間ほど靴を休ませます。
靴は、3足以上所持するようにしてください。

靴だけでなく、下駄箱も消臭剤や除湿剤を置くなどして
臭いを防ぎましょう。
靴箱には新聞紙を敷くと除湿効果が高くなります。

足の臭いを撃退するためには、常に足を
綺麗にしておくこと、さらに、靴の中の
蒸れた状態にしないことが臭いのもととなる
微生物の増殖を防ぐコツです。

どうしても革靴などの靴の中が蒸れやすいものを
履かなければならない場合には、
除菌対策や通気対策を施しましょう。

上記のように足をつねに清潔に保ち、
靴もつねに防臭、乾燥したものを履くようにしたうえで、
足用のデオドラント用品を使用するのも効果的です。

足の臭いが気になる方は、ぜひ上記の臭いの撃退方法を
実践してみて下さいね。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links

おすすめの記事