糖尿病は生活習慣病のひとつとして
知られていますが、
糖尿病独特の体臭があるのをご存知ですか?
 
じつは糖尿病の体臭は
あまーい臭いがするのです。
それも腐ったリンゴのような匂い。


Sponsored Links


ですので周囲からなんだか甘い臭いがすると
言われたとき、それは糖尿病のサインかも
しれません。


tounyounioi

糖尿病の体臭が甘い臭いになる原因

糖尿病は糖分を分解してエネルギーに変えるための
インシュリンを作り出せなくなることで、

肝臓や筋肉に吸収されず血中に糖が溢れてしまい、
糖分を使えない代わりに体の脂肪分をエネルギーに使うために、
通常と違った代謝をします。

その時に発生するケトン体という物質が甘ったるい匂いの原因になります。
糖尿病は、尿検査でも分かるものですが、
尿にもそのケトン体独特の匂いが病状が進むと出るようになります。

この状態ではかなり症状が進んでいるので、
体臭と口臭でも分かる可能性が高いです。

というのも、健康に警告を示す甘ったるい匂いというのは、
体臭と共に口臭にも表れるといわれているので、
周囲がはっきりそれを感じる程になると
かなり症状が進んだ状態ということになるのだそうです。

ただ、糖尿病ではなく、他にも無理なダイエットをしている状態でも
このケトン体増加による体臭の変化が起こるといわれていますので
一概に甘い臭いだからといって糖尿病と決め付けるわけにはいきません。

やはり、気になったら病院で検査をしてみるのが
一番でしょう。


Sponsored Links


また、糖尿病の体臭によっては
つーんとした臭いがする場合があります。

これは腎臓が悪くなることでアンモニア臭が発生することが原因です。
この場合は汗をかきやすくなるので、
汗の匂いも普段よりします。

筆者の身内にも糖尿病の人が居ましたが、

どちらかと言えばその人の場合は
仕事もきつい肉体労働(大型重機の運転と、
土木作業、チェーンソーで木を切り倒す作業)をしていた為に
腎臓を悪くしてしまい

ケトン体の甘ったるい臭いという感じよりも
アンモニアのような臭いがしていました。

また、アルコールが分解できなくても
アンモニア臭はしますから
お酒の飲みすぎが原因であることも
考えなければならず、一概に判断をすることはできません。

子供にも意外と多い糖尿病の症状

糖尿病の症状は、この体臭よりも網膜の症状での失明や、
指先の壊死といった大変恐ろしい合併症ともいえる症状があります。

症状がかなり進んだ状態で、このような事態になってからでは
食生活の改善をしても元には戻せません。

糖尿病の予備軍の診断を受けた時点で、
控えるように言われた食事や習慣を避けるための心構えが必要になります。

全ての人が生活習慣によって発症する病気ではありませんが、
それだけに注意したい病気です。

元気に過ごしていたお子さんが突然発症する小児糖尿病も糖尿病ですし、
悪くすると生まれつきのことさえあります。

突然発症する小児糖尿病は酷い喉の渇きで
幾ら水を飲んでも渇きが良くならないというものです。
すぐに病院に連れて行きましょう。

また、糖尿病ではありませんが、水や麦茶ではなく、
牛乳やジュースなど水分補給にあまり向かない飲み物ばかりを飲んで発症する
ペットボトル症候群という症状もあります。

このペットボトル症候群も臓器の働きが正常でなくなって
喉の渇きが良くならない症状が出ますので病院に急いで連れて行くようにします。

お子さんが普段からジュースばかりを飲んでいる時には
こういった症状についても注意しておくようにしましょう。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links