腋臭や疲労臭、加齢臭だけでなく
腎臓病を発症している場合も体臭が発生するって
皆さんご存知でしょうか?
 
ここでは、腎臓病による体臭が発生する
原因や治療法についてご紹介させて頂きます。


Sponsored Links


腎臓の働きが悪くなる腎臓病になると
なぜ体臭が発生してしまうのでしょうか?

腎臓の働きが悪くなると口の臭いが臭くなるのですが、
この口の臭いが臭くなる以外にも
身体の臭いも臭くなったりとあらゆる箇所に影響を及ぼします。

そして腎臓が悪くなるとアンモニア臭がします。
これはなぜなのでしょうか?

 

腎臓病の体臭がアンモニア臭のわけとは?

人はたんぱく質を食べると腎臓で分解し
エネルギーを生じさせると同時に、
有毒なアンモニアを作り出します。

アンモニアが有毒なままだと身体にとって
有害なので、肝臓で哺乳類の尿中に含まれる
窒素化合物である尿素に変え、
腎臓によって排出されます。

上記のように正常に腎臓が働いている場合は
体臭は気にならないのですが、
腎臓の働きが悪くなっていたり、

腎臓病を患っていると
アンモニアを無害化する機能が上手く働かず、
哺乳類の尿中に含まれる窒素化合物である
尿素の体外への排出を阻害してしまうので、

体の中の有毒なアンモニアの濃度が濃くなってしまい、
汗として、それが外に出るため、
アンモニアの臭いのする体臭が発生するのです。

腎臓の調子が悪いことによって
アンモニアの臭いのする体臭を発生してしまっている人は、


Sponsored Links


すぐに専門の医療機関を受診して、
腎臓を治療してもらわなければなりません。

まずはなんとか臭いだけでも
取り除きたい・・・
そんなとき

アンモニアの臭いがするくらいの
腎臓の調子が悪い方が体臭を
改善するにはどのような方法があるのでしょうか?

 

腎臓病からのアンモニア臭を改善する方法

腎臓の悪い方が、アンモニアの臭いがする
体臭を防ぐのに効果的なのは、

自分の体の重さの3%にあたる水を
一日に何回かに分けて飲むことです。
1回に飲む量は計量カップ一杯くらいが目安です。

あと、ゆっくりとお風呂につかり
汗を流すのも体臭対策に効果的です。

運動をすることで汗を流すのもいいのですが、
運動すると尿毒性物質が増加してしまうので、
汗を流すならゆっくりとお風呂に入るのがおすすめです。

お風呂に入って汗を流すよりも
体臭を防ぐ効果があるのは、

医療機関で遠赤外線療法を行ってもらい
汗をながすことです。
これは、一般の遠赤外線サウナとは異なります。

腎臓が悪い時に発生する体臭を防ぐ食事方法は以下の通りです。

・穀物、緑黄色野菜、海草を主とした食事にし、
 野菜や海草はたっぷりとるようにする。

・蛋白質、脂分は控え、おやつは食べないようにし、
全体的に少なめの食事にする。

・ごま、醤油、ひじき、ごぼう、蓮根、韮、
 蒟蒻、大根の葉、玉葱、らっきょう、梅干し、
 たくあんなどの腸の調子を良くする食べ物を
 摂取するように心がける。

・黒胡麻、蓮根、人参、韮、蓬など、
 腎臓の働きを良くする効果のある食べ物を
 摂取するように心がける。

以上の食事方法を行う上で気をつけなければいけない点は、

・肉類や、牛乳、乳製品、玉子などの動物性の食品を
なるべく摂取しないようにする。

・砂糖や、砂糖の入っているお菓子などを摂取しないようにする。

・なるべく農薬を使っていない食料品を摂取するようにする。
 お米は白米より玄米のほうが良い。

・一回の食事の品数はなるべく少なくし、
 食べるときにはよく咀嚼して食べたほうが良い。

・化学物質の入った食材、食品を食べないようにする。

などがあります。

その他の基本的な体臭への対策方法は以下の通りです。

・お風呂には毎日ゆっくりと入り、汗を流す。
 朝も、シャワーをするとさらに効果的です。
 体はあまりごしごしとこすって洗わないようにしまし。
 身体を洗う時は消臭効果のあるボディーソープで洗浄します。

・黒酢を飲んだり、ビタミンCの摂取は体臭を防ぐのに
 効果的です。黒酢以外の飲み物を飲むときには、
 水かお茶、スポーツドリンクがおすすめです。

・腋毛をそるのも体臭予防に効果的です。
 さらに、デオドラントスプレーやAg+スプレー、
 ミョウバン水なども体臭を抑制するのに効果があります。

以上の対策法を行うと体臭に大変効果がありますが、
まずは腎臓病を治療しなければ治りませんので、
心当たりのある方は上記の対策法を行うとともに、
専門の医療機関を受診し、治療してくださいね。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links