体毛が集中して生える場所は、
汗をかくと肌が見えている
体の部分よりも蒸れやすくなるのを
ご存知でしょうか。


Sponsored Links


そのままにしておくと
ジメジメして不快なだけでなく、
臭いもこもり、湿気で雑菌も増えて
臭いが強くなってしまいます。

特にワキガで悩まされている人の場合
何故か臭いが全身にまで
広がってしまうのですから対策が必要です。

体臭を消すために有効な方法

体を清潔にするのも大切ですが、
もっと手早く体臭を軽減させる方法があり
知ってる人は必ず実行しています。

それは脇の毛を処理することです!

この方法はVゾーンなどにも有効ですから、
脇だけでなく臭いが気になる部分は
行っておくようにしましょう。

肌トラブルの改善や予防にもなります。

life19

そんな脇毛の処理の方法は
最近では色々と選択肢があります。

毛抜き、カミソリ、脱毛クリーム、
ワックス、光脱毛とさまざま。


Sponsored Links


一番手軽なのは毛を抜く方法ですが、
この方法はどうやら体臭対策を考える上では
お勧め出来ない方法といわれています。

毛を抜くのは痛みもありますし、
血管も通っていますから出血の心配もあります。

その時点であまり気持ちの良いものではないですが、
感染症などのトラブルも起こしやすくなります。

また、毛を抜くのを繰り返すと
毛穴が広がってしまい
目立ちやすくなるといったデメリットもあります。

その上で毛根への刺激によって、
アポクリン腺から発生する臭いが増長してしまいます。

効果的な体毛の処理方法とは

肌に合う合わないということも考慮しなくては
いけないので、

除毛クリームを使ったり、
カミソリを使って毛根に刺激を与えない方法を使って
除毛するのが体臭の予防には効果的です。

扱いに注意が必要なのは両方共一緒ですが、
一番お勧めされているのはカミソリを使う方法です。

それも、深剃り防止で
横滑り対策のストッパーが付いた
安全カミソリを使うのが楽な方法です。

楽な方法とはいえ、体毛を処理する時と同じように
何も付けないままで行うのは皮膚の組織を傷つけますので
肌の保護の為に石鹸や専用のローションなどを使うようにします。

処理の後はしっかりと水気を取り除き、
さっぱりさせてから保湿をするようにします。

そして低刺激の商品を使うのがおすすめなので
やはりベビーローションなどが思い浮かぶと思いますが

そこは手入れ専用のもので肌に合った商品を見つけるのが一番です。

雑菌の繁殖を防ぐ意味でもワキガが無くても、
殺菌作用が有るワキガ用のクリームは良いかもしれません。

<ワキガの人に多く見られる症状>
本人が体調不良を起こすようなものではありませんが、
自覚症状がある本人にとっても
自分の臭いが周囲にどれくらい感じ取られているかであったり、
酷い脇汗や下着に出来る脇の汚れというのは不快なものです。

元来はフェロモンを分泌したりと
生物学的な意味合いが有ったものも
今は逆効果にしかなりませんので厄介です。

アメ耳やネコミミと呼ばれる、
耳垢が湿った状態の体質の人は
脇毛も必要以上に濃いといった具合になります。

脇毛が多いと現代の生活では
見た目も気にされますし
雑菌の繁殖もしやすくなりますから
当然臭いにも変わりやすい条件の第一になります。

ワキガの強い弱いにはかなりの差が有るので
すぐに分かる人とそうでない人の差も大きいものです。

それに脇は毛穴が多いパーツですから、
ワキガの症状が無くても
毛穴が何かの拍子に詰まってニキビのようになってしまうことは
珍しくありません。

化膿しているようであれば
やはり抜くのは避けるべきと言っても、
その部分の毛を抜いて膿を出して
乾燥した状態を作るようにしておきます。

実際にはニキビのような炎症で無くとも
脂肪分が詰まったりした場合が大変で、
しっかりケアをしないと
酸化して酷い臭いを出します。

ワキガの場合はそれがより
強烈になると考えておいて間違いありません。

脇毛の処理は脇の乾燥を維持するのにも欠かせませんし、
臭いの拡散を防ぐのには確かな効果があります。

直接塗る制汗剤としてはDHCで販売されている
足にも使えるデオドラントクリームが使用感も
サッパリしているのでお勧めですが、

脇に使う時は当然脇毛を処理して
肌が落ち着いている時に効果が高いものです。

周囲にも騒がれる程分かる時には、
脇のアポクリン腺除去など、
大変ですが長く悩まされ続けるよりも
処置を考えても良いかもしれません。

香水や制汗剤を使うのも良いのですが、
筆者は脇には純粋に殺菌や
臭いを抑える作用が有るクリームを用い、
香水と制汗剤は背中や胸などに使うようにしています。

体の清潔を保って脱毛もしっかり行うようにしましょう。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links