この記事はこれから初めて諏訪湖に行きたいという方を
対象にしています。つまり初心者向きですね。
 
どうしたら諏訪湖花火大会のビギナーが場所取りで失敗しないかを説明します。
有料観覧席であってもすべてがよい場所とは限りませんので。
 
なのでカメラマンなど花火の撮影を目的として
諏訪湖の花火へ行く方には
お役に立てない記事なので、ご了承ください

 
これから初めて諏訪湖の花火大会を観る予定の方の中には
 
おそらく、気づいている方もいると思いますが
ホントの意味での諏訪湖の花火の穴場スポットというのは
存在していない
と考えたほうがよいです。

 


Sponsored Links


諏訪湖花火の穴場ってほんとにないの?

あなたは諏訪湖の醍醐味である水上スターマインが観たいですよね。

おそらく参加者のほとんどがそのように考えているはずです。
そうなると余計に穴場って見つからないのです。
 
それだけ人気があるんですね。水上スターマインというものは。
 
まず、水上スターマインが見えるようにしたい場合は
初島(はつしま)が見えることが前提です。
初島とは諏訪湖に尺玉を打ち上げるために人工的に作られた島のことです。

水上スターマインは
この初島へむかって両端から点火され孔雀を思わせる
半円の花火が次々と開花していき、
初島からも尺玉が連続で打ち上げられます。

ですので、この初島が見えるような場所を見つけるのが
絶好の穴場スポット
といえます。

ですが、先ほどもいいましたが、この穴場を見つけるのが至難の業です。
なぜなら、観光客のほとんどが同じことを考えているからです。

⇒水上スターマインの打ち上げの種明かしはこちら

かつて諏訪湖の花火の穴場といわれてきたけども
穴場でないスポットは以下のとおりです。

  • 立石公園と高ボッチ
  • (高台ではあるが小さすぎて撮影向きなので肉眼だと楽しめない)

  • SUWAガラスの里
  • (建物が邪魔で見れない)


    Sponsored Links


    おそらく、これらのスポットへ行っても望遠鏡か
    双眼鏡を持っていかないと楽しめないでしょう。
    肉眼じゃ正直無理ですね。。。

    まぁ遠くてもごく小さい花火が見れれば十分というかたや
    花火の音だけ楽しめればよいという方ももいるので
    なんとも言えませんが、私はおすすめしません。

    話は戻りますが、もちろん、主催者側も初島が見えるのが
    見晴らしが良い場所だと熟知しているので
    そういったねらい目の場所はほとんどが有料観覧席(桟敷席)
    または立ち入り禁止区域になっています。

    以下は諏訪湖花火大会公式サイトの
    2013年の第65回の諏訪湖花火の案内図ですが
    花火の中心となる初島が見える場所は有料観覧席で埋め尽くされています

    そして有料観覧席の後ろは道路になっているのですが
    緊急車両が通る通路を確保するため
    路上立ち見禁止区域なので見ることができませんし、
    橋の上も立ち見禁止区域になっているので見ることができません。

    以前は、道路などに場所取りをしても文句は言われなかったそうですが、
    原則禁止になったために、地元の人も有料観覧席しか
    よく見える場所はないと言ってました。

    suwakoyuusyoukanranseki1
    (引用元:http://www.suwako-hanabi.com/kojyou/traffic/65traffic2.html)
    ですので巷に穴場スポットと書かれているのをよく見かけますが、
    実際に行ってみればわかりますが、
    ほとんど穴場がないのは、この図を見るだけでわかりますね。

    たとえ、万が一穴場的なスポットがあったとしても
    混みすぎて身動きが取れなかったり、何らかの木などの障害物で見れなかったりと
    ウィークポイントがあるわけです。
     

    有料観覧席だからって必ず良い場所がとれるわけでない?おすすめの有料観覧席はどこ?

    また、有料観覧席の一部である旧東洋バルブ跡地は
    チケット代が安い分、マンションなどの障害物で
    思ったように見えない場合があります

    ですので、たとえ有料観覧席であっても場所取りには
    気をつけたほうが良い
    ですね。

    むしろ、私は、多少高くても石彫公園の有料観覧席をおすすめします。
    それはなぜかというと先ほどの案内図で確認するとわかるのですが
    左側というよりも比較的正面寄りだからです。
    初島が非常によく見えますよ。

    特に車椅子を使用される場合は石彫公園だけなので注意ですね。

    湖畔公園は比較的右寄りなので、
    もしそちらを選ぶなら
    できるかぎり左側の場所をとりたいところですね。

    これらの公園は東洋バルブ跡地よりも、
    断然眺めがずっと良いですね。

    もし抽選で当選したならブロック指定席もいいですね。
    ブロック席はど真ん中ですから眺めは最高です。
    ただ、ブロック指定席は県内1200席、
    県外1200席でそれぞれ抽選で席を取り合うことになります。

    とりあえず5月下旬までに実行委員会へはがきを送っておくと6月中旬にに抽選するそうです。
    詳しい内容は諏訪湖花火公式サイト

    やっぱり花火がきちんと見れないのでは楽しみようがありませんからね。
    初心者の方は特に細心の注意をもって諏訪湖の花火in8月を楽しみましょう。

    あと、言い忘れたのですが、どんな理由にしても中止になったら⇒チケット代の返還はできないそうです。
     
    以上になります。ここまでお読みいただきありがとうございました。

    こちらの記事もよく読まれています


    Sponsored Links