Sponsored Links


胃炎とは胃の炎症のこと。別名で胃カタルともいわれ。
その中でも誰にでも起こりうるのが急性胃炎(急性胃カタル)という病気です。
 
この急性胃炎にかかってしまうとほんとつらいです。
 
私も、会社の人間関係や過酷な労働環境から
神経を普段から使いすぎて、急性胃炎になったこともあり、
病院で診察を受けたことがありました。


Sponsored Links


ただ、急性胃炎は原因は見つかりやすい病気とされており、
症状を訴えている人に心当たりを探ればおのずと判明するともいわれています。
ですので、よほどのことがない限り原因不明ということはなさそうです。

もし、どうしても原因不明ということならばストレスであることが多いほか、
ウィルスであることも考えられますので、
医師に適切な判断をしてもらう必要があります。

さきほども述べましたが、事前に急性胃炎の原因はつきとめてやすいので
きちんとした生活をしていれば予防につながりやすいということにもつながりますね。

ぜひ、原因を知っておき、事前に急性胃炎にかからないようにしたいところです。
胃の痛み

急性胃炎の原因

急性胃炎にそもそも、なぜなってしまうのか?

それは、食事の不摂生である場合が大半です。

食べ物や飲み物を口に運ぶと
やがて胃にたどり着くのですが、
胃の粘膜に消化物が刺激物として悪影響を及ぼしてしまうケースが多いです。

急性胃炎の中で普段の生活でもっともかかりやすいといわれているのが
急性単純性胃炎です。

急性単純性胃炎は主にストレスからくる暴飲暴食であることが多いとされていますが、
他にもいろいろな原因があります。


Sponsored Links


では、どんなケースが急性単純性胃炎になるのでしょうか?

じっくり、みていきましょう!

こんなものを口に運ぶと急性単純性胃炎に!?

症状を訴えるときには、なにか心当たりがあるものです。
以下のようなものを口に運んだ場合は原因に当てはまります。

  • うっかりコーヒーのひき豆をコップの中に入れてしまいドロドロになってしまったコーヒー
  • こしょう、唐辛子、からし、わさびなどの香辛料
  • ウォッカや焼酎、ウィスキー、ワイン、日本酒などのアルコール類
  • 熱い飲食物
  • アイスなどの冷えている飲食物
  • ヨード剤や解熱剤、抗生物質や鎮痛剤などの薬
  • ほかにもアレルギー体質の子供や大人が、
    そば、ピーナッツ、牛乳、かに、卵など体質に合わない飲食物を口に運んだときにも起きます。

    普段から刺激の強いと考えられるものは口に運ぶのは避けたほうが良さそうです。

    急性胃腸炎の症状5種類

    急性胃腸炎の症状は以下の6種類があります。

  • 吐き気や胸焼けといった悪心
  • みぞおちあたりの圧迫感
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 腹痛
  • 発熱
  • 吐いたものに、胆汁だけでなく、
    若干の血が混じっていることもあります。

    急性胃腸炎は、原因となるものを口に運んでから
    胃に届いたあとで、症状が現れるので時間がかかります。

    だいたいの目安としては口に運んでから
    6時間から1日くらい経過すると症状が現れやすいと
    考えておくのがよいです。

    こちらの記事もよく読まれています


    Sponsored Links

    おすすめの記事