Sponsored Links


薄毛になってしまう原因そのものは、
遺伝的な要素や頭皮の状態など様々です。
 
どちらかと言えば、男性の方が遺伝的に危険なのですが、
必ずしも薄毛になってしまうとは限りません。


Sponsored Links


人それぞれ薄毛の因果関係は異なりますが、
結構な割合で当てはまるのが
生活習慣とストレスです。

今回はストレスを中心に
焦点を当てていきたいと思います。

毛穴を塞ぐ脂汗をかいてしまうと
毛穴が詰まってしまい
髪の毛が薄くなるといわれていますが、
それはあまり関係ないようです。

それよりもストレスのほうが
薄毛に与える影響は大きいそうです。

生活習慣に伴った精神的負荷、
ストレスが大きく関わってきます。
色々なことから切っても切れないストレス。
やはり今の世の中は大変ですね。

 

ストレスが原因で髪の毛が抜ける症例

<円形脱毛は一瞬で出来る?>

筆者の親の同僚の方の事ですが、
最近円形脱毛が出来てと親が見せられて確かに、
と納得していたところ
その30分後に円形脱毛がもう一つ増えていたとか。

背筋が寒くなった抜け毛のエピソードですが、
きっとストレスだったのだと思います。

その人は治ったそうですが、
短時間に増える円形脱毛、恐るべしです。


Sponsored Links


<白髪になった人と薄毛の人の被害意識は同じ!?>

白髪はなった人に言わせると煩わしいという方が多く、
薄毛の方と同じくらいの被害意識があるようです。

でも薄毛の方にとって
薄毛よりも白髪のほうがマシと
考える方が多いでしょう。

これくらい被害意識というものは
なった人でしかわからないほどショックはでかいものです。

なにかつらいことがご本人に起きてしまい
強いショックで一気に白髪になってしまったという
人の話を聞いたことが有りませんか?

<失恋ショックでの脱毛も!?>

そして、ほかにも極端な例だとしても、
失恋のショックで全て髪が抜け落ちてしまったという人も居ます。

それだけ精神の状態が
大きく関わっているのは間違い有りません。

 

ストレス社会が抜け毛に与える影響

ストレス社会といわれる現在では
抜け毛とは無関係とはいえません。

男性の場合は更に
遺伝要素に影響されやすいこともありますので
ダブルパンチとして抜け毛の要因が重なります。

とくに職場の状況などでも
抜け毛の度合いはかなり左右されていると言えます。

心の底から楽しい職場であれば、
多少難しい仕事があっても、

疲れても苦にする事は少なくなりますが、
無茶ぶり三昧、日付変更間近なのに飲みの誘い、

そこまでならどうにか耐えられたとしても
上司や同僚との軋轢が
生じた場合にはストレスを感じないほうが無理です。

こういったときは、ストレスから解放される時間を
とるのも対策のひとつです。

どうしても、耐えられない職場なら
辞めることを検討することも考えるのも仕方ありません。

 

ストレスから抜け毛になる仕組みとは?

ストレスを常に感じて緊張した状態になると
血管が萎縮して血流が悪くなります。

デスクワークは同じ姿勢で仕事を続ける事も多いですし、
ミスが出来ない、と気を張っていますから
周囲の圧力が無くても緊張していることが考えられます。

血流が悪くなるのは、髪も細らせて抜けたり、
抜けなくても地肌が目立つようになったりするだけでなく
体の疲労も蓄積させます。

細い血管はすぐにその影響を受けてしまい、
手足の指先が冷えたり、筋肉痛になったりします。

緊張すると筋肉も固まってしまいますので首が痛い、
肩が痛いといった症状も悪化する要素になるのは否めません。

緊張した身体をほぐすため
じっくりとお風呂につかったり、

リラックスして音楽を聴いて
その日のことはすべて忘れるように意識したり、
頭皮のマッサージもして対処するようにしましょう。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links

おすすめの記事