胃潰瘍はストレス社会となった現在では
老若男女だれでも発症しやすい病気です。
 
そこで早速、胃潰瘍の検査方法や、
治療法、食事制限すべき飲食物について
まとめてみました。


Sponsored Links


 

胃潰瘍の検査方法は?

病院の消化器科で
内視鏡検査(胃カメラ検査)やバリウムを使ったレントゲン検査、
腹部エコー、採血がメインです。

こういった検査をした後で
もし胃潰瘍であると診断された場合、
さらに胃がんなどの疑いを念のため検査をしたり、
胃潰瘍の原因とされるピロリ菌の検査などをする場合があります。

胃潰瘍の治療法5種類について

胃潰瘍の治療法は以下の5種類があります。

  • 精神的な不安感を取り除く
  • 薬を処方してもらう
  • ピロリ菌を除去してもらう
  • ひどい胃潰瘍の場合は手術をしてもらう
  • 食事療法で治す
  • 薬を処方してもらう

    「塩酸なくして胃潰瘍なし」といわれるくらい
    塩酸の影響力を弱めることが胃潰瘍を治すうえで
    欠かせません。

    そこでガン細胞がないと診断され場合、
    胃潰瘍の原因とされている塩酸とペプシンといった
    蛋白消化酵素を抑える働きの薬や胃の粘膜の保護する薬を
    医師から処方されることで治療をすることになります。

    最近では医学の発達でたいていの胃潰瘍は薬で治すことができるように
    なってきましたので、手術嫌いな方にとっては
    とてもありがたいことですよね。

    もし胃潰瘍がよくなった場合であっても
    薬は途中で服用をやめず、医師の診断に従うようにしてください。

    精神的な不安感を取り除く

    ストレスなどの精神的な不安感は胃潰瘍の治癒に邪魔となり
    治るまでの期間が長引く恐れがあるので
    取り除く必要があります。

    日頃からリラックスを心がけ、
    何も考えないようにするクセをつけるようにしましょう。


    Sponsored Links


    ピロリ菌を除去してもらう

    ピロリ菌の存在自体が胃粘膜の尿素を
    アンモニアと二酸化炭素に分解する働きがあるので
    そのアンモニアが胃に対して悪影響を及ぼしています。

    ですのでピロリ菌があるかどうかを検査して
    もし、あると診断された場合
    ピロリ菌の除去をすることになります。

    もし除去した場合、胃潰瘍の再発を防ぐ働きがありますので
    ピロリ菌が存在すると診断された場合は
    ぜひ、除去をしてもらいましょう。

    ひどい胃潰瘍の場合は手術をしてもらう

    先述のとおり最近ではたいていの胃潰瘍は手術をしないで
    薬だけで治ってしまうくらいのパターンが多いですが、
    まれにひどすぎる胃潰瘍の場合は手術をすることになります。

    ひどくならないうちに、なんか胃がおかしいと思ったら
    病院で診断を受けることで早期発見ができ
    手術を避けることができます。

    胃潰瘍の食事制限すべき飲食物6種類とは?

    胃潰瘍になった状態では
    すでに胃に穴が開いた状態ですから
    胃に刺激を与える飲食物は徹底的に避ける必要があります。

    食事制限すべき飲食物は6種類あります。
    これらの飲食物は胃潰瘍が治るまで
    絶対に口にいれないようにしましょう。
        

  • かたいもの
  • 熱すぎるもの
  • 冷たすぎるもの
  • すっぱいもの
  • 炭酸飲料、アルコール、コーヒー、お茶類
  • からいもの
  • 一昔前は、胃潰瘍の食事療法といえば数日間の絶食が
    当たり前のように行われていたのですが、

    最近では、胃の中を空っぽにしておくことは
    胃のぜん動運動を活発化にしてしまうことになり、
    胃を休ませることができないと見直されるようになりました。

    そこで、点滴で栄養を補給しつつ、
    吐血や下血が起きるかどうかを様子を見ながら
    少しずつスープなどの流動食や、重湯、おかゆなどの
    やわらかめの食事をすることになっています。

    そして、食事は少なめの食事を回数多くすることで
    胃に負担をかけないようにしながら、腹八分目を心がけ
    決して暴飲暴食をしないように注意することがポイントとなっています。

    胃潰瘍にかかった場合の食事のレシピメニューで困った場合は
    以下の良書が役に立ちます。

    こちらの記事もよく読まれています


    Sponsored Links