胃ガンがなぜできるのかはこれまで
多くのプロの研究家によって研究されており、
原因が不明であることが多いですが、
 
最近では遺伝子に傷がつくことで細胞が正常に機能しなくなり
ガンに変化するといわれています。
ですので遺伝が関係しているというわけでもないようです。
 
現代の発展した医学でも胃ガンの完治は
時間が経過すればするほど難しいとされてきました。


Sponsored Links


ですので、これはすでに誰もが知っている「言わずもがな」ということですが
ガンの早期発見こそが胃ガンの完治の確率を高める最も有効は手段です。

よく日本人の3割がガンで亡くなっているといわれいますが
早期発見のおかげで胃ガンに限っては生存率は高くなっています。
 
最近では、徐々にエーザイや日立製作所といった大手企業5社以上が
連携して胃ガン患者に合わせた胃ガンの治療法の確立にむけて動いています。
 
ガンにかかっているそれぞれの患者さんの症状と体質にあわせた治療法こそが
ガン治療の成功確率を最も高めるという認識のもとで
研究を進めていることは今後のガン医療の発展が期待できますし
心強いことだと思います。

ですので胃ガンだからと億劫になるではなく、
早期発見で克服してやるぞ!くらいの勢いで立ち向かうことが重要です。

さて、そんな胃ガンですが、早期発見するためには
早期に診断を受けることが大切なのですが、
そのためには、早期に胃ガンの初期症状を察知することが最も大切です。

胃ガンの初期症状

たとえ、胃ガンが胃の粘膜に発生しても
自覚症状らしきものは全く現れないことがあり、
自覚症状があるときにはすでに進行をしていたというケースが
多いのがよくある典型的な例です。

ですので、これが早期発見を遅らせる主な要因なので
もし、もっと早くにひどい痛みなどで症状を知らせてくれるような
病気なら、胃ガン治療の成功率はもっと高くなるといわれています。

胃ガンの初期症状が発生した場合慢性胃炎の症状とかなり似ているので
紛らわしいのが特徴です。

胃ガンの初期症状15種類のチェックポイント!

胃ガンがすでに現れた段階での初期症状といわれているのが
以下の15種類です。

  • みぞおちの疼痛(チクチクとした痛み)
  • 胃が重たい
  • 腹部の膨満感
  • 吐き気
  • げっぷ
  • 胸焼け
  • 食欲不振(好きだったものが嫌いになり、嫌いだったものがすきになるような逆転現象がおきる)
  • 吐血
  • 下血
  • 下痢
  • 食べたものが胸につっかえる
  • 便秘
  • 腰痛
  • 常に疲労感がある
  • 嘔吐
  • そもそも、明らかに胃ガンだとわかる症状がないので、
    胃炎かなと思いこんで、胃の不快感を訴えて病院へ行って胃の検査をした結果
    胃ガンが見つかるという例が多いのが現状です。


    Sponsored Links


    ですので、急性胃炎や慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの
    症状を訴えて病院へ行くと念のため
    内視鏡検査(胃カメラ検査)が必ず行われます。

    少しでも胃に違和感を感じるようなら
    早めに消化器科へ検査に行かれることをおすすめします。

    ガンを早期に正確に発見するためにはやはり医科大学クラスの
    PET検査による健康診断が
    最先端の画像検査として毎年多くの人が利用しています。

    健康診断の中でもちょっと高めな感じがしますが
    何気ない日常の生活はお金には変えられないほど価値があります。

    こちらの記事もよく読まれています


    Sponsored Links