胃ガンになる原因のなかで、かなり注目を浴びているのが
飲酒によるアルコール摂取です。
 
胃ガンになる原因は飲酒!?
 
国際ガン研究機構という世界的なガン専門研究組織では
アルコールが発がん性のリスクを高めていると
発表していますが、胃ガンについては、必ずしも
アルコールが原因だという確証となる結果がでてはいません。


Sponsored Links


しかし、日本ではさらに研究が進んでいて
東北大学院の教授のグループにより
アルコールに弱い人ほど胃ガンにかかりやすいという結論がでました。

胃ガンになる原因は飲酒!?

アルコールが原因で胃ガンになるのはなぜかといいますと、

アルコールは体内に入るとアセトアルデヒドという発ガン性物質に変わります。

じつは、アセトアルデヒドが胃で停滞する時間は
酒が強い人に比べて酒が弱い人のほうが5倍くらい高いことがわかりました。

酒が強い人と弱い人の違いは胃に含まれる分解酵素の強弱です。
つまり、分解酵素が弱いと胃にアセトアルデヒドが残ってしまうんですね。

この分解酵素は遺伝なので、
酒が弱い人は生まれながらにして弱い分解酵素を
持ち合わせているということになります。

ただ、こういった弱い分解酵素だけでなく強い分解酵素も
持ち合わせている人は少なからずいて、
そのような方は酒を飲めば飲むほど強くなるといった勘違いをおこしがちです。

本来、酒がもともと強い人は遺伝で分解酵素が強い人です。
ですので、酒の弱い人がお酒を飲むということは
それだけ分解してくれないので
アセトアルデヒドで胃に大きな負担をかけていることになります。

アルコールに強いか弱いかを知る方法ならこれ!

お酒に強いタイプなのか弱いタイプなのかは
アルコール感受性遺伝子分析キットで調べることができます。
 



 
ぜひ、どんなタイプに属するのかを知って
胃ガンにかからないようにしましょう!
 
どんなタイプに属するのかを知ることは今後の生活において、
かなりの有利となるのではないでしょうか。
 
もし、お酒に弱いタイプという検査結果が出た場合の対処法は
以下をお読みいただけると対策ができるかと思います。
ぜひ、落ち込まずに、前向きに対策をしていきましょう。


Sponsored Links


お酒に弱い体質のあなたのための飲酒対策法

では、検査キットで確認してみて、

もしお酒に弱い体質だったら
打ち上げや、合コン、忘年会などの大人ならではの行事は
そのまま見送るべきなのでしょうか?

じつは、そんなことはありません。
きちんと胃に負担がかからないようにすればいいんです。

そんなとき役に立つのがL-システインというアミノ酸です。

じつは、このL-システインをお酒と一緒に飲むと
胃に滞在するアセトアルデヒドの量が
お酒が強い方なら67%、お酒が弱い方でも
60%近く減少しているという結論もでています。

そしてアセトアルデヒドの抑制効果も2時間続くという検証結果も
でているとのことなので、ぜひ使用したいところですね。

L-システインはシミができにくくしたり、
コラーゲンが生成されたりと日焼け対策と
肌のハリをよくするために
これまで使用されてきました。

さらに、疲れやだるさといった症状も改善する働きがあるとされています。

しかし、L-システインは過剰摂取すると白髪になったという人がでてきただけでなく、
すい臓のインシュリンの分泌量の低下から糖尿病にかかるという結果が
東大により発表されています。

きちんとした摂取量の目安を守りサプリメントで補うようにしていきたいところです。

そして、L-システインによる白髪が心配な方におすすめなのが
ビオチンです。これはビタミンBの1種なのですが白髪が出にくくなる働きがあります。
白髪になってしまうと老け顔とか言われかねないので
ぜひ、ビオチンも積極的に利用していきたいところですね。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links