胃ガンの原因といわれている要因は
たくさんありますが、
その中で、タバコもかなりの発ガン性リスクがあるといわれていて
軽視することは決してできません。
 
成人になるとついつい、社会からのストレスや
見た目がかっこいいといった思い込みから、
タバコを吸ってしまいがちですが


Sponsored Links


以下の発ガン性リスクをしっかり学ぶことで
タバコを吸う気が一気になくなると思います。

 

タバコの3大有害物質は胃ガンのもと!?

タバコには発ガン性物質が大量に含まれています。

その3大有害物質として有名なのは以下の3種類です。

  • ニコチン
  • タール
  • 一酸化炭素(co)
  • ニコチン

    タバコを吸うと血液の循環が悪くなるという話はよく聴かれる話ですが
    その原因となっているのがニコチンです。

    ニコチンは肺から全身へと循環して血管の収縮をしてしまう働きがあります。
    そもそもニコチンに発ガン性は確認されていないのですが
    ニコチンが体内で変換するとニトロソアミンになり、
    このニトロソアミンが発がん性があるといわれています。

    タール

    タバコの吸殻をみると吸う場所が
    よく白色から茶色へと変色しているのがわかると思いますが、
    この茶色になる成分こそがタールです。

    喫煙室や喫煙者が乗る車などは茶色に変色しているのも
    このタールが影響していて
    ベンツピレンといった発ガン性物質が含まれています。

    一酸化炭素(co)

    一酸化炭素は体内にはいると、ヘモグロビンと結合する力が強いことから
    酸素の循環を抑制してしまう働きがあります。

    3大有害物質以外にもたくさんの有害物質が・・・

    この3大有害物質の他にも、ジメチルニトロソアミンやジエチルニトロソアミン、
    ホルムアルデヒドなど200種類もの有害物質が含まれているので
    タバコを吸うということは非常に体に良く有りません。


    Sponsored Links


    そのため、タバコを普段から吸っている人(喫煙者)と
    タバコを吸わない人(禁煙車)を比較すると
    喫煙者の方が胃ガンになるリスクが高いという結果がでています。

    女性よりも男性の方が胃ガンになるリスクが高い!?

    そして胃ガンになるリスクが喫煙者の男性では1.8倍、女性では1.2倍と
    禁煙者よりも高くなることがわかりました。

    ここで気になる点では女性よりも男性のほうが
    胃ガンになりやすいという点です。

    ですので、健康を維持したいという方は
    絶対に吸わないようにしなくてはいけません。
     

    タバコを吸わなくするためにはどうすればよい?

    タバコをすでに吸ってしまっている方にとって
    タバコをやめることはしんどいことです。

    ですが、こういったカラダにとって害でしかない
    物質は一刻も早くやめる必要があります。

    そのためには、ガムを噛んだり、飴をなめたりするようにするとよいでしょう。
    口がさみしいといったときに何か口に含んでいれば
    それだけで、かなりのタバコ抑制効果があります。

    そして、タバコを吸っている人の近くへ行くと
    副流煙を吸ってしまうことになります。

    そのように人のところへはなるべく近づかないことも
    身を守る方法のひとつです。

    本来、これだけ有害なタバコが世の中に出回っていること自体が
    まちがっています。

    タバコとは無縁の生活が送れることができるように
    ぜひ、ガムや飴に切り替えることをおすすめします。

    こちらの記事もよく読まれています


    Sponsored Links