Sponsored Links


人間の皮膚には汗腺というものがあり、
そこから汗がでるようになっています。
 
この汗腺の種類は全部で3種類あり、
エクリン腺、アポクリン腺、
皮脂腺があります。


Sponsored Links


これが3大汗腺です。

まず、汗腺と関連した主な病気の種類について
簡単にまとめておきます。

 

3大汗腺と関連した主な病気の種類

それぞれの汗腺からでる成分は異なり、

ワキガの原因となる栄養分や
アンモニアの汗をだすアポクリン腺、

多汗症の原因となる
水分99%の汗を出すエクリン腺、

ニキビの原因となる
皮脂をだす皮脂腺があります。

 

皮脂腺から汗がでるの?でないの?

ここで気になるのが
皮脂腺が汗をだすのか?ということです。

通常、皮脂腺から汗をだすことはありません。
しかし、通常ではありえないくらい
運動をしたりすると、汗がでてきます。

この汗は毒素と脂肪が合わさった状態で
でてきます。

そして、この汗をかくために必要な
運動量はマラソンで30キロ走ることに
相当するそうです。


Sponsored Links


これではよほどランニングが得意な方で無い限り
大抵の人は汗をだすことは不可能です。

そこで岩盤浴やサウナを使った
デトックスが主流になっています。

また、美容やダイエット業界などでは
皮脂腺から毒素を含む汗をだすことを
デトックスの一環として取り入れています。

 

皮脂腺からにおいがでるわけとは?

皮脂腺から出る物質は、
通常強いにおいを
発することはあまりありません。

しかし、脂っこい物を食べ続けたり、

何らかの理由で酸化した脂が
皮脂腺内に溜まってしまったりすると
脂っぽいような嫌なにおいの原因になります。

皮脂腺の働きと臭いの原因

次に皮脂腺の働きについて考えてみます。

皮脂腺の主な役割は、
皮脂を分泌して肌を乾燥や刺激から守る
肌のバリア機能を担っているのです。

しかし、何らかの理由で皮脂腺の働きが
はげしくなってしまうと多すぎる皮脂が余って、

アポクリン腺から分泌される粘り気のある
においの強い分泌物と
混ざるとにおいを発するようになりますし、
細菌類のえさにもなってしまいます。

そうするとアポクリン腺由来の物質のにおいと
細菌が増殖して発するにおいが混じりあって、
より一層体臭をひどくしてしまうと
考えられています。

特に男性はもともと女性に比べて、
皮脂腺から出てくる脂の量が多いので
においやすいと考えられています。

そして、資生堂によると
30代まではこのような臭いは発生しないそうです。

ですが、40過ぎあたりからノナネールという脂肪酸が
発生して、それが臭いを発生するといわれています。

それでも、諦める必要はありません。

 

皮脂腺からでる臭いの撃退法

具体的には、どのようなポイントに
注意したら良いのか考えてみましょう。

まず、体臭が強いと感じている人の中には、
気にするあまりに朝と夜に2回入浴して
ごしごしと体をしっかり洗うなどの
対策をしている人もいますが

逆に体が乾燥から皮膚を守ろうとすることで、
過剰な皮脂を出す原因になってしまうので
やめておきましょう。

清潔に関しては、一日に一度お風呂に入り、
丁寧に体と髪を洗うことと
なるべく浴槽にお湯を張って
入浴する習慣をつけることで十分です。

ここで重要なのはシャワーではなく
お風呂にはいるということです。

お風呂につかることで、
なかなか落ちにくい古い皮脂などの
においの原因になる
汚れを浮かして落としやすくする効果があります。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links