Sponsored Links


夏真っ盛りの時期の傾向として
節電のためクーラーの設定温度を上げていたりするので、
汗をかく機会も多いと思います。
 
当然体臭も気になりますよね。
 


Sponsored Links


ここでは、体臭を抑えるオルニチンの詳細と
使い方をご紹介させて頂きます。

現在体臭が気になる方や
オルニチンについて詳しくお知りになりたい方の
ご参考になればうれしいです。

 

疲労臭の原因とは

オルニチンのことを知る前にまずは
さて、体臭のもととなる疲労臭の原因について
知っておきましょう。

普段から仕事などで疲労している方は、
疲労臭に気をつけなければいけません。

life11

この疲労臭は、腋臭や年を取ることによって生じる臭いと異なり、
アルコールのとりすぎや、普段からの睡眠の量が不足していること、
仕事などによる疲れがたまったことにより、
皮膚から発するアンモニアのような体の臭いのことを言います。

アンモニアは体内で蛋白質を分解するときや
腸の内部の微生物が要因となり体の内部で
自然に作り出されています。

しかし、この体の中で作られたアンモニアは
体に害があり、疲労の原因となるので、

肝臓で害のない尿素となり、汗や尿として
体外に出ていきます。


Sponsored Links


このように、肝臓が正常に働くことにより、
体の中の有害なアンモニアの量は、
抑制されています。

上記のようなアンモニアの発生量を
低レベルに抑制する働きのことをオルニチン回路と言い、

アンモニアが肝臓によって
無害な汗や尿になるサイクルを
オルニチンサイクルと言います。

しかし、普段は正常に働いている肝臓が、
お酒の飲みすぎや、疲労の蓄積より
上手く働かなくなると、

上記のオルニチンサイクルもうまく働かなくなり、
体の中の有毒な疲れのもとになる
アンモニアの濃度が高くなり、皮膚から体の外に排出され、
疲労臭として臭いにおいを発するようになります。

上記のような疲労臭の防ぐためには、
普段からアルコールを取りすぎないようにし、

お風呂に毎晩ゆっくりとつかり
疲れをためず、リラックスし、
ぐっすりと休むことが大切です。

さらに、この疲労臭に効果的なのが
オルニチンなのです。

 

オルニチンの摂取方法

そのオルニチンを多く含有する食品はしじみです。

疲労臭を生じないためには、
アンモニアを無害にする働きをする肝臓を
いつも正常に機能させなければなりません。

肝臓を正常に機能させるために必要な栄養素である
蛋白質やタウリン、ビタミンB12などは
他のさまざまな食品にも含まれています。

けれど、肝臓の健康を保つために必要な
栄養素の一つであるオルニチンは
しじみにとてもたくさん含まれており、

キハダマグロのオルニチン含有量と比較すると
5倍近く多く含まれているのです。

しじみには、オルニチンの他にも
肝臓の健康を保つ栄養素である
タウリンやビタミンB12もたくさん含有されています。

お酒を飲んだ時にしじみのお味噌汁を飲むと
いいと言われているのはこのためです。

オルニチンが多く含有されるしじみですが、
冷凍することによりさらにオルニチンの量や
他の栄養素の量が上がることが調べた結果判明しています。

マイナス4度で冷凍した時、
生のしじみのオルニチン量の8倍になったという
びっくりするようなデータもあります。

しかし、肝機能を改善したり疲労回復効果があり、
体臭を抑制するオルニチンを含むしじみですが、
実際しじみを食べてオルニチンを摂取するには
かなりたくさん食べなければなりません。

なので、しじみでオルニチンを摂取するのも
いいのですが、手軽にオルニチンのサプリメントを
利用するのもおすすめです。

デオドラントスプレーや汗ふきシートなどを使用する
のもいいのですが、これらは
皮膚の表面の臭いは抑制できるのですが、
体の中から発する臭いは抑制することができません。

ですから、体臭の気になる方は
日頃からお酒の飲みすぎに気をつけ、
しっかりお風呂につかり、

しっかり眠り、それでも改善しないようであれば
オルニチンを多く含むしじみ料理を
食べるようにしたり、オルニチンのサプリメントを
利用してみて下さいね。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links

おすすめの記事