加齢臭。最近この言葉も
耳に馴染むようになってきました。
 
いつも心だけは成長せず、身体だけは衰えていくので
歳はとりたくないものですが、
これも人生の試練なのかもしれません。
 
加齢臭は男性に多いように感じますが、
実際には男女問わず存在するものです。


Sponsored Links


 

加齢臭の原因

加齢臭の種類は結構あります。
これからご紹介しますが、
年齢ごとにパターンが違ってきますので
なんとか頑張ってケアしてきましょう。

まず、加齢臭の原因の一つに
挙がるのはノネナール。
それこそ加齢臭の代名詞のごとく扱われる
悪名高い物質です。

この加齢臭の発生する場所は
実は意外なところから発生します。

その場所とはノネナールは
耳の後ろ側付近などから発生します。

あまりに、周囲の人に感づかれやすい
場所から体臭が発生するので
公共バスや電車などを乗ったときに
結構わかったりします。

そして、早いと30歳を
過ぎた辺りから発生する男性特有の
加齢臭物質、ペラルゴン酸が発生します。

これはノネナールとは異なるものなのですが
ベラルゴン酸という厄介な物質が
加齢臭の威力をさらに増加させていきます。

life2

そして、50歳以降の中年・壮年の人に
見られるというジアセチルという物質も発生します。


Sponsored Links


よくオヤジ臭いなんていわれるときには
この物質が影響しています。

脂ぎったような、ツンとするような鼻の粘膜を容赦なく
突いてくる臭いであり最近発見された物質です。

体調が悪い時に触れていると
気分が悪くなる時すら有る刺激臭…。

その威力は酢の120倍といわれていますので
これはもう厄介すぎますね。

 

加齢臭対策は生活習慣の見直しから!

なかなか恐ろしいニオイ物質が
発見された事が分かりますが、

不快な物を発生させる原因から
外せないのはやっぱり生活習慣です。

これらの臭いは脂ぎった臭いとなるだけに、
あまり脂分が多い食事は控えたり、

お酒や煙草の習慣が有る人の場合は
それらも止めていかないと臭いは消えません。

健康のためにも運動をしたり、
規則正しい生活を送るようにします。

会社でストレスゲージが上がっている人の場合は
ストレスを減らす方法も大切になってきます。

ストレスは溜まると体に害を及ぼすものです。
日ごろから、ご自分でストレスを
発散させるために趣味を見つけるのがよいでしょう。

 

加齢臭対策ににんじんジュースと専用石鹸が効果的!?

手軽出来るケアには人参ジュースで
匂いが良くなったなど、
体に発生する活性酸素を抑える食品の摂取。

人参が苦手な人でも、
意外にもジュースはフルーティなので
飲める可能性があります。

それから専用の石鹸が販売されていますので
入浴時に体のパーツ(首や脇、胸、お尻周り)で
匂いを出しやすい箇所を中心に
全身をさっぱり洗い上げるようにしましょう。

これらに限らず蒸れるし気になる、
という箇所は丁寧に洗っておきましょう。

女性の加齢臭と対策法

女性の体臭が男性に比べて弱いのは、
女性ホルモンの働きによって
匂いの素となる皮脂が抑制されているからです。

だからこそ、乾燥肌になったりもし易いのですが、
男性よりも脂性肌で悩んでいる人が少ないなど
実感しやすい部分がありますね。

しかし、皮脂の分泌に関しては、
シャンプーのし過ぎで皮脂の分泌過多が起こり
悪臭が出たり湿疹が出たり。

また匂いを気にしてまた必要以上に
シャンプーするという悪循環も
頭部の匂いの原因ですから、少し我慢が必要な時も。

しかし、この皮脂が女性ホルモンの減少で
抑制がされなくなった時が大変です。

女性にとって40代というのは、
閉経の兆しと閉経、更に更年期障害が表れる年齢です。

症状だけでも苦しい想いをしている人が
沢山居るのにその上で体臭まで強くなってしまう、
それも男性よりも度合いが強いということもあり
注意が必要です。

物凄く汗をかいている人をよく見かけるのですが、
それで必ず匂いがするわけではありません。

とはいえ、汗の量が増えると下着が汚れやすく、
寝具も汗の影響を受けやすくなります。
加齢臭以上に雑菌の繁殖で肌や衣服が臭っても大変です。

女性ホルモンの代わりになる物質として
イソフラボンが有名ですが、

普段から豆乳、納豆、味噌汁や豆腐などの
大豆食品を食べるようにするのが手軽です。

サプリメントも様々出ていますから、選択肢は多いです。
ローズオイルもリラックス効果など、
精神面から良い方向にホルモンバランスを運んでくれる効果が有るようです。

まず、あまり体調が良くない場合は先に婦人科の受診をお勧めします。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links