雨が降り続くと、
いろいろできないことが
増えて嫌になってしまいますね。
 
例えば、洗濯物。
外干しができないから部屋干しせざるを得ない。
これ、結構面倒ですよね。


Sponsored Links


外で干すより乾きにくいですし、
部屋のスペースを取る。
部屋が湿気ってカビが生えやすくなる。

さらに、一番気になるのが臭い!

生乾きの状態になりやすい部屋干しをすると
頻繁に発生してしまいますよね。

あの独特な腐った臭い、嫌ですよね。
下手したら体臭と間違われて、
「不潔な人」と思われるかも。

今回は、そんな、部屋干しした時の臭いを
どのように解消すればいいかを
紹介していきますね!

life27png

生乾き臭はなぜするのか?

まず、この生乾き臭の原因について。

当たり前ですが、生乾きの時は服が湿っています。
僅かであってもこの湿りは、菌が繁殖するのに
ちょうどいい環境なのです。


Sponsored Links


そう、生乾き臭の原因は「菌」なのです。

「菌」だけではなく、洗いきれなかった
皮脂やタンパク質の汚れも菌が分解してしまい、
臭いを発生させることもあります。

じゃあもう一度良く洗えばいいのかというと、
そういうわけでもありません。

なぜなら、このような匂いは一度ついてしまうと
洗ってもなかなか落ちないからです。

では、どうすればいいのでしょうか。
次はその解消法について
説明します!

生乾き臭はこれで解決

まず、酸素系の漂白剤を使うようにしてみましょう。

酸素系の漂白剤は、水に溶け込んだ時に
活性酸素が発生し、汚れを
分解してくれるのです。

さらに、酸素系漂白剤なら白いものに限定しなくても
使用できるので、便利です!

洗う時に入れるのもいいですが、つけおきにするのも
いいです。

40から50度の、手で触れられない程度の熱さの
お湯に、酸素系漂白剤を溶かして
洗濯物をつけておきます。

お湯の熱さでも消毒はできますからね。
漂白剤が混ざっているとなれば、
かなり効果的ではないかと。

ただこの方法は、バケツなどに移し替えて
行ってください。

菌のついた衣服を放り込んだお湯ですからね。
一緒に洗うのは避けたいですよね。

そうそう。お湯の熱さでの除菌はもちろん、
同じ熱さならアイロンのスチームも
利用できますよ。

ハンガーにかけたままアイロンを当てるんです。
全体すみずみまでスチームをすることにより、
広範囲の除菌が可能です!

試してみてはいかがでしょうか。

あと、洗濯物の干し方にもニオイ対策の
秘訣があります。

まず、できるだけ風通しのいい場所に干すこと。

ただし、カーテンレールなどに干すのは良くないです。
窓側は部屋の隅ですし、洗濯物があるせいで
風が通らないため、良くありません。

部屋の真ん中に干すのがいいとのことなのですが。
……正直邪魔ですし、そんなスペースはないという人も
いますよね。私もそうです(笑)

ではどうしたらいいのかというと、
エアコンの除湿機能を使います。

「風通し」よりも、「部屋の湿度を抑える」
ことを優先するんですね。

除湿機なんかあったりすると
もっと良いかもしれませんね!

部屋干し専用の洗剤なども今は出ています。

アタックやアリエールなど、聞いたことのある
名前の洗剤にも、部屋干し専用のものがあります。
これらは臭いの原因になる皮脂なども
落としてくれるんですよ!

探してみてはいかがでしょうか。

どうでしたか?

生乾き臭の解決策について、わかりましたでしょうか?

今は雨だけではなくて、暑さのせいでも
窓を開けていられない時期。
ひとり暮らしには辛い季節ですね。

でも、これらの方法を使えば部屋干し特有の臭いも
解決していけるのではないでしょうか?

嫌な臭いが気にならなくなると、周りに
いいだけではなく、
自分もすっきりした気分になりますよね!

ぜひ、活用してみてください!

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links