皆さんは、髪のケアをしっかりとしていますか?
 
私も、きちんと地肌まで洗えるシャンプーや、
髪質にいいシャンプーで髪を洗ったり、
よく髪を乾かすなどしています。


Sponsored Links


でも、ヘアケアよりももっと
気をつけることがあるのを
ご存知ですか?

それは、睡眠です。髪にとって大事なのは、
実は睡眠なのです。

睡眠不足が髪に与える影響

実は睡眠の習慣が良くないと、髪に影響が出てきて、
薄毛の原因になったりします。

どういうことなのでしょうか、これから詳しく
説明していきますね。

皆さんは成長ホルモンという言葉を、
よく耳にしませんか?

この成長ホルモンとは、体の成長を
促進する働きを持っています。

成長ホルモンによって、摂取した栄養などが
体に行き渡り、内蔵や肌を成長させたり、
ダメージを修復したりします。

髪や爪が伸びるのも、この成長ホルモンの
おかげなのです。

この成長ホルモン、子供の時には
大量に分泌されますが、
大人になると減っていきます。


Sponsored Links


そして成長だけではなく、睡眠不足などの
不規則な生活習慣も、減少の原因です。

成長ホルモンが多く出るのは夜。
就寝時です。

大体10時から深夜2時までが分泌されるピークです。

この時間帯に寝ると、成長ホルモンが
よく働いてくれるのです。
「寝る子は育つ」は本当なんですね。

しかしこの成長ホルモン、結構やっかいな性質を
持っています。

成長ホルモンは、生命維持に必要な部位に優先的に
行き渡ります。内蔵や心臓などですね。

これに比べ、髪や爪などは生命維持に
関係ないものなので、後回しです。

髪だってなくなると紫外線をバンバン浴びて
体に悪いんですけどね。

私たちの体には、意外とシビアな格付けが
されているのです。

ですので、睡眠時間がちゃんと取れていないと、
ただでさえ回ってこない成長ホルモンが、
さらに減ってしまうのです。

結果、一番影響が出やすいのが髪なのです。

更に、睡眠のリズムも問題で、これが崩れると
体が寝る体勢に移行しづらくなります。
熟睡しづらくなってしまうのです。
これもよくありませんね。

では、どうしたらいいのでしょうか。
次の項で説明していきますね。

 

髪の毛を減らさない予防法

まず、睡眠時間をきちんと取ることです。

先ほど申し上げた10時から2時のうちに
お布団に入るのがベストですね。

働いている方だと、10時台に寝るのは難しいので、
この時間帯の間のどれかには合うように
睡眠のタイミングを見計らいましょう。

徹夜なども、できるだけ控えたほうがいいかも
しれませんね。
無理のしすぎは良くないですよ。

また、ただ寝るだけでは睡眠がとれたとは言えません。
睡眠にも、浅い、深いがあります。

眠りは、深いほど体の成長や回復にいい影響を
与えます。

そのためには、リラックスして眠ることが大切。
ストレスを溜め込みすぎず、お風呂に浸かってから
ぐっすり眠れるようにしましょう。

なお、お酒の力で睡眠に入るのはお勧めできません。

確かにお酒を飲んで眠ってしまう人もいますが、
そういう眠りは比較的浅いのです。
体が興奮して寝付けなくなることもあります。

また、規則正しい生活サイクルを作ることも
大切です。就寝時間と起床時間をきちんと
決めましょう。

そうすることで、体もリズムを覚え、熟睡しやすい
体質になれます。

熟睡できるようなサプリメントを摂るのも
いいかもしれませんね。

このように、少し睡眠時間や生活リズムに
気を使うことも、ヘアケアと同じくらい
大切なことなのです。

いかがだったでしょうか?
参考になりましたか?

通勤や夜多くまで働き詰めで疲れることが
多いですが、だからこそ、しっかりした
睡眠が大切なのです。

しっかりと熟睡して、次の日も頑張れるように
したいものですね。

睡眠時間と生活リズム。自分のためにもぜひ、
気をつけてみてくださいね。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links