毎日のようにヘルメットの着用をしている人は
結構大勢いて、ヘルメットを
被らないで過ごすことは難しい場合が多いです。
 
まず、学生は自転車やバイクに乗る時に
ヘルメットの着用は義務付けられていますし、
交通整理員や土木作業員、高所作業員に
とっても危険から避けるために装着は義務となっています。


Sponsored Links


このように
いざという時のために
頭部の保護の為にも欠かせないのがヘルメット。

ところが、いざ被ってみると重たかったりして
防御力のアップの為に色々なものが入っているので
通気性は正直いって悪いと言っていいでしょう。

こういったことが影響して
ヘルメットの着用が皮肉にも薄毛の原因となっています。

普段から着用をする人は日頃から
ヘルメットの着用の頭皮に与える影響について
意識してみましょう。

 

ヘルメットから生じる抜け毛の仕組み

ヘルメットを被っているとまず、どうなるか。
寒い季節は必然と汗をかきにくくなりますが、
夏場はとにかく暑いので一刻もはやくヘルメットを取りたい!
という気持ちが強いのではないでしょうか。

汗でジメジメするし、
ヘルメットで覆っている部分の温度は上がるし、
それでますます汗をかくし、
とグルグル巡り巡っている状態だと思います。

他にも、内部では必ず頭部に接する面があります。

helmet

ただ汗をかいたこと
そのものでは髪の毛が抜けないのは
普段の生活でも分かると思いますが、
問題はその状態を放置した時です。


Sponsored Links


ヘルメットをかぶる人は
着用しない人にくらべて
頭皮が非常に汚れてしまいます。

このように頭皮が汚れた状態にしておくと
悪臭の原因にもなりますし、
フケや毛穴が詰まってしまう原因にもなります。

ニキビのように膿を持った湿疹が出てきたり、
皮膚のトラブルにも繋がります。

そして、ヘルメットの装着部分での
頭部の圧迫で血行が悪くなることで、
髪の成長に必要な養分が行き渡らなくなって
毛髪の成長と発生が妨げられます。

髪の発生から抜け落ちるまでの時間は長いですが、
抜け落ちてしまう髪の比率が高くなってしまうと
当然の事ながら薄毛の状態に陥ってしまいます。

休憩時間など、外せる時間には外して
頭に圧力が掛かる時間を減らすのも
毎日の積み重ねでは大きな時間になります。

 

ヘルメット着用後の洗髪方法

固定部分は同じヘルメットを被っている限り、
同じ場所になりますから
その箇所を入浴時に温めるなど工夫をしましょう。

まず、頭皮を清潔に保つために
髪はその日のうちに眠る前に洗っておきます。

顔の肌では良く書かれていることですが、
色々な働きが眠っている間に活発になります。

育ち盛りのお子さんであれば背が伸びますし、
肌の生まれ変わりにエネルギーの吸収、髪の生育も含まれます。

そこで同時に起こるのが、
汚れを放置していれば、
それを栄養源にして雑菌も繁殖してしまうという事態です。

雑菌を繁殖させる時間を作らないためにも、
出来るだけ早く髪を洗って
乾燥させておくのが大切になります。

ニオイ対策に朝洗うというものもありますが、
髪の健康の維持のためには
あまり好ましいものではありません。

特にカラーリングをしている場合など、
髪が傷み易くなっているところで、
紫外線にも弱くしてしまうからです。

少なくとも洗髪後4時間は
強い紫外線に当てないのが望ましい状態です。

水に濡れるだけでも髪は柔らかくなり、
傷付きやすくなりますので、

朝シャンのデリケートな状態に
圧力と摩擦を加えるのは生えている髪の毛にとって
好ましいものとはいえないでしょう。

夜も洗って朝も、というのは
いわゆる洗い過ぎにも繋がりますので、
眠る前に洗う方向で心掛けましょう。

他にも、ヘルメットを被っていて
痛いといったことは無いでしょうか?

外見は頭の大きさにちょうどよく出来ているように見えますが、
土木作業用のヘルメットの内側を見ていると
直接ヘルメットの形に
頭がフィットするようには出来ていません。

少し空洞を作って頭部に
当たる部分が作られていたりしませんか?

大きさが変えられないヘルメットという場合は
それで変える訳にもいかないのですが
少しでも頭部の痛みを減らすように
隙間にタオルを入れるなど工夫をしてみましょう。

逆に大きく出来ているようであれば
より一層隙間を埋めて固定しておくのが大事なります。

あご紐で引っ掛かって事故になってもいけませんし、
それで怪我をしても労災扱いにはなりません。

動きにくかったり、快適でなかったりするものの
法律上で定められている
以上簡単に脱ぐわけにもいかないのです。

主に抜け毛の原因になるのは、
ヘルメットによる圧力での血行不良ですが、

毛穴のトラブルも良くありませんので
日常的にヘルメットを着用する場合は
頭皮のマッサージと、正しい清潔の維持を心掛けましょう。

他にも、ヘルメットそのものも
洗って清潔にするようにしておきましょう。

内側が蒸れる上に外側もホコリだらけになりやすい上、
あご紐は汗を吸います。

取り外し出来るようになっていると思いますから、
休みの日に洗っておくようにしましょう。

人が綺麗にしていても被るものにカビが、
雑菌が!というのは当然ながら結構なものではありませんし、
重さの圧力だけでないトラブルの素にもなりかねません。

こうしてみると決して難しい対策ではないものの、
会社のものであるなど持ち帰れない場合も
有るので意外と難しい問題だったりするのですが、

休みの前の日に除菌用のウェットティッシュや
スプレーなどを用意しておくようにしておくと良いでしょう。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links