柔軟剤のレノアハピネスのCMでミムラが
シャボン玉につつまれる姿をみたことがありますが、
そこまで匂いすぎるのもどうかと思います。
 
やはり、用量はすくなめにして、
アロマリッチをほんの少量まぜて洗濯するのが
結構、好評のようです。


Sponsored Links


とにかく化学物質に対する過敏症のかたも
しますので、人によっては
良いにおいであっても、こういった敏感な方にとっては
化学臭いといった感じしかしないようです。

いずれにせよ、記載されている用量のとおりに
使用していては、匂いがきつすぎますので
もし使用されるなら
ほんのわずかだけの量で十分です。

 

ダウニーはダメ!?

よく海外の柔軟剤として有名なのが
ダウニーですが、
甘すぎる匂いが強すぎて、
頭痛や吐き気を訴える方もいます。

私も使ったことがあるのですが
家庭にある僅かな洗濯物に適量使っただけで、
長く嗅いでいると頭が痛くなるな、
と思うほどでしたから

体調が悪い人やその種類の匂いが嫌いな人にとっては
シャレにならないにおいと思うほどにおうが強く感じると思います。

でも、人それぞれ嗅覚が違いますので
受け止め方にもよりますが、
とりわけ海外の柔軟剤は相当に強烈だということは言えそうです。

国産の柔軟剤ですら私は適正量よりもずっと少なくても十分だと思いますから。

 

ダウニーを使用する人の目的は体臭消し

肉食やチーズなどの食習慣、
更にシャワーで済ませるだけの場合に
体臭が残りやすいこともあるので

その臭い消しのために
海外の人が外国生まれの柔軟剤を
体臭の対策として使用しているようです。


Sponsored Links


香水みたいに高価でもないですしね。
それに、子供でも肌に直接使ったりしませんので
化粧品よりも周囲の目も緩いのでしょう。
その点については日本でも同じ部分があると思います。

しかしながら、柔軟剤ではないのですが、
昔友達と三人で化粧品店に入ってふと手に取った
物体でとんでもない目に遭ったことがあります。

ただ手に取っただけで蓋も開けず一振りもしていないのに、
匂いがまとわりついて離れない!
これは悲惨でした。

柔軟剤で体の匂いをカバーする、と言うと聞こえは良いのですが、
家の中や狭い満員電車やバス、タクシーなどの乗り物で
においを漂わせるのは考え物です。

いや、少しの匂いならよいのですが、
やはり強すぎると、
匂いに過敏な方には体調不良になりかねません。

自分はいい匂いだと思っても、他の人がそうとは限りませんし
それは香水の好みを考えるとよくわかりますよね。

多くの人が好む匂いと自分だけが
好きな匂いを比較するとかなり違ったものになりますので
やはり柔軟剤の使用には注意が必要です。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links