臭う汗と臭いにくい汗というものがあるのを
ご存知でしょうか?
よく体臭で有名なのがわきがですが、
この正体は臭う汗が原因です。
 
つまり、臭わない汗よりも
臭う汗が出なくなるように対策すると
体臭の大幅軽減に役立つはずです。


Sponsored Links


では臭ってしまう汗の正体とは・・・
今回はその真相に迫ってみたいと思います。

 

臭う汗の正体はフェロモンなのか?

臭う汗はわきがである場合が多いです。
もちろんこればかりが原因ではないですが、
若い人なら特にその傾向が強いでしょう。

わきがはアポクリン腺から出る汗が正体なのですが、

このアポクリン腺からでてくる汗は
水分よりも脂質や糖質、淡白質などが含まれていて
さらにアンモニアという臭いを悪臭にする成分が
含まれていたりします。

なんで、こんな変な物質が一緒になって
汗としてでてくるのか?

実は、この汗こそフェロモンといわれています。

フェロモンといえば、
なぜか気になるという感情を異性に起こさせる物質で
有名ですが、わきがの人は
このフェロモンが多いということになります。

そもそも、子孫を残すことが生物の宿命ですが、
人類もその本能は十分に備わっており、
先天的に他の人とは違った匂いに惹かれるという
性質をもっています。

この匂いこそがフェロモンであり、
わきがの正体です。


Sponsored Links


 

わきがはもうモテないのか?

それでは、わきがはフェロモンの汗をかくから
モテるのかというと、
現代では通用しないのは周知の通りです。

現代では生活レベルが向上し、
不清潔に異を唱えるようになりました。

物が豊かになり、テレビやネットの普及などから
日常はメディアを見て情報を得る必要があり、
俳優や女優の顔が普通の顔と認識されてしまう
ようになりました。

そういった経緯からフェロモンではなく
人の顔で選別する時代になりました。

イケメン、美女なら優遇されてしまうくらい
”わがままな完璧主義の時代”に突入してしまった
ということになります。

もちろん、みんながみんなそういう考えではないとは
思いますが、大多数はこういった
美を尊重する人が多くなったといえるでしょう。

完璧を求めすぎるあまり、
不清潔=変なにおいというイメージが
植えつけられ、体臭を持つ人は
毛嫌いされるようになったわけです。

わきがと聞くと
あまりよくないイメージを浮かべてしまいますが
これは、メディアなどが生み出した
現代的な風潮も影響しています。

もう、こうなってしまった以上
そういった習性は簡単に変えられるはずもなく、
わきが臭はなるべくでないように努力する以外ありません。

わきが臭を減らすためには?

わきがを抑えるためにも
体内から発するアンモニア臭を減らすように
努力すべきです。

日ごろから濡れたタオルなどで
アンモニア臭の汗をふくのもいいですね。

そして、先述のとおりアポクリン腺の汗は
水分はほんのわずかで、いろんな物質からできています。
放っておくと雑菌が繁殖してさらに臭いが
増えてしまうので、汗はこまめに拭き

1日~2日に1回くらいのペースで入浴をして
アポクリン腺の汗を洗い落とす必要があります。

まずは、清潔な人というイメージを
与えるため、日々の努力を惜しまないように
していきましょう。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links