江ノ島イルミネーション2016・2017へ行かれるという方は
絶対に混雑しやすい状況について把握しておく必要があります。
 
なぜなら、これを知っておかないと
車で大渋滞に巻き込まれ、やっと会場に着いたと思ったら
そこで、また行列で待たされ・・・といった感じになるので
楽しむどころではなく、疲れが増すばかりだからです。


Sponsored Links


そこで、今回は混雑を避ける方法などをメインにご紹介します。
また駐車場、入場料金などについても触れますので
ぜひ参考にしていただければ幸いです。

江ノ島イルミネーション2016・2017の入場料金

江ノ島イルミネーションの入場料金

江ノ島イルミネーションの入場料金はとてもやすいです。
サムエル・コッキングとシーキャンドルの両方は
必ず観ておきたい場所なのですが
以下のような料金なら妥当ではないでしょうか。

江ノ島サムエル・コッキング苑 入場料大人200円 子供100円

江の島シーキャンドル 昇塔料大人300円 子供150円

江ノ島イルミネーション2016・2017の駐車場

駐車場は原則有料です。

駐車場は江の島なぎさ駐車場湘南港臨港道路附属駐車場
メインでおよそ650台近く置けるようになっています。

駐車料金は駐車場ごと、車種ごとに違います。
この2つの駐車場は大体午後9時あたりまでは営業しているのですが

さらに時間ごとに課金されるシステムなので
事前に価格をチェックしておくと良いかと思います。


Sponsored Links


なお、1日使用される場合は1500円くらいをメドにしておくと
良いかと思います。(価格は変動される場合があります。)

江ノ島イルミネーション2016・2017の混雑状況は?

江ノ島イルミネーションは他のイルミネーションイベントと比較しても
かなり混雑するイベントとして知られていますが
クリスマスシーズンと年末年始のシーズンは大変混雑しますので車でお越しの方は
渋滞に悩まされることになります。

とくに江ノ島弁天大橋でずっと待たされるということも
よくある話ですので注意する必要があります。

できればストレスフリーで楽しむためにも車での
来園はあきらめて、電車やバスツアーなどを
利用されるほうがよいと思います。

また、クリスマスシーズンは徒歩で行かれるかたにとっても
混雑はさけられそうにありません。

まず、サムエル・コッキング苑の入場券を購入しようとすると、
ものすごい人で行列ができているのが当たり前の状況となっていて
その行列が目に映るだけで並ぶ気力が失せるほどです。

特に江ノ島シーキャンドルは混み始めると入場制限をするので
最低でも1~2時間は待つことになります。

ですので、なるべく混雑しない日を選ぶのが
江ノ島イルミネーションを攻略する秘訣です。

まず、混雑しやすい日は12月20日~1月7日までのクリスマス、
正月イベントシーズン、そして土・日・祝日です。

これらの日は、仕事休みやイベントのムードを楽しみたいと考える観光客が多いので
大変混雑します。

なので上記以外のできればみんなが仕事しているような平日に行かれると
あまりストレスもなく楽しめるのではないでしょうか。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links