山形県山形市で開催される山形大花火大会2016
今年で第37回目を迎えます。
 
毎年40万人以上が訪れることで知られていて
推定2万発もの花火が打ちあがります。

昨年も開催場所は同じ場所で花火が打ち上げられたのですが、
昨年は桟敷席も無料会場も変更となっていました。
 
ただ、今年は、山形中央インター産業団地を建設を終える予定ですので、桟敷席と無料会場の場所が昨年と同じなのか
注目が集まりそうです。


Sponsored Links


 
昨年は10号玉花火も使用禁止となり、8号玉までになりました
今年はどうなるんでしょうか?

そんな山形大花火大会2016の日程や時間、開催場所、
桟敷席などの場所についてご紹介していきたいと思います。

山形大花火大会2016の日程、時間、開催場所

名称:第36回山形大花火大会または山形大花火大会2016

日程:2016年8月14日

打ち上げ時間:午後7時から午後9時00分(予定)

開催場所:須川

昨年とあまり変わらないかと思いますので
以下の公式サイトの案内図を参考にしてください。
もし変更される場合には改めてお知らせいたします。
 
yamagatahanabi
 
 
桟敷席:今年はまだ発表されていません。
早めに知りたいという方は以下のお問い合わせ先にご連絡ください。
 
会場に駐車場はありませんので、
無料駐車場もすぐに満車となりやすいので
公共機関で行くのがベスト
です。

お問い合わせ先:山形大花火実行委員会(山形青年会議所)
023-632-8665
(平日午前11時から正午まで 午後1時から4時まで)

2015年の山形大花火大会の観覧席や桟敷席が変更となったわけとは?

 
山形大花火大会の特徴として
開催場所である須川からドカーンと超特大の花火が
打ちあがることで知られていたのですが、


Sponsored Links


昨年は、「須川での開催ができないのでは?
別の場所に移動するのでは?」と心配する声もありました。

というのも、この山形大花火大会はちょっとした事情を
抱えていたからなのです。

この事情とは山形大花火大会の開催場所である須川からそれほど離れてないところに
山形中央インター産業団地を建設している
ということです。

予定では今年の5月に完成することになっています。

この団地を作るということは
そこの近くの安全を確保しないといけないので
花火の打ち上げ場所を変更しないとできなくなる
のでは?

ということだったのです。

県外から来る方にとって、

そもそもなぜ毎年、須川で山形大花火大会が行われるのに
山形中央インター産業団地を須川付近に建設しなくては
いけないのか?
」と思う方も多くいるかもしれません。

実は東北中央自動車道が須川から
それほど離れてない場所にあることが関係しています。

東北中央自動車道から中央インターで降りれば
すぐに須川付近の産業団地に着くという利便性から
交通アクセスの点で大手企業を誘致をしやすい
ので、

少しでも多くの大手企業を招き入れて
働く環境を整えて一刻も早く雇用を生み出したい
というのが山形市の意向なのです。

つまり、山形市は花火よりも雇用を選んだというわけですね。

働くことは確かに生きていくために重要なので、
年一回しか行われない花火よりも重視すべき点ですが、

山形大花火大会の常連にとって須川で
花火を開催することが当たり前になっているので
今後も、須川で花火を行ってほしいとの声もあがっていたようです。

また、開催場所の移転先として西公園または霞城公園が
いいのではないか?という案もあったそうですが
送電線や住宅があるので安全とはいえないということになり
見送りになりました。

そのため、前回の花火大会だけは須川で行うことに決まりました。
今年はどうなるかわかりません。
また移動する可能性はあるかと思います。

また、これらの事情に伴い、これまでは半径が330メートルクラスの大輪の花が咲く
10号玉を楽しむことができたのですが
昨年から危険と判断され、8号玉までに縮小されるようになりました。

それでも8号玉の開花時の半径は280メートルなので
観客からみれば大迫力に見えるので、
10号玉と比較してもそれほど違和感はないかと思います。

そして、肝心な桟敷席や観覧場所については
先述のとおり山形中央インター産業団地の建設にともない
大幅に変更されました。

今年はどのようになるのでしょうか。
気をつけてみておきたいところです。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links