インフルエンザの予防接種を受ける時期は
乳幼児、子供、妊婦、大人それぞれ違いがあります。
 
その中でも、はじめて妊婦さんになった方は
インフルエンザの予防接種を受けたほうが良いのか、
それともやめるべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?


Sponsored Links


結論からいってしまえば
予防接種は断然受けるべきです。

今回は、なぜ予防接種を受けなければいけないのか?
いつごろ受けるべきなのか?
予防接種をすることで妊婦さんに影響はないのか?

などさまざまな疑問点を解決するべく
妊婦さんがインフルエンザの予防接種を受ける前に
知っておくべき情報をご紹介していきたいと思います。

では、いってみましょう!

インフルエンザの予防接種を妊婦は受けるべき?

妊娠している間は母親がお腹の子供に免疫力を分け与えるので、
妊婦さんの免疫力が低下しやすく、
肺活量も低くなるため、心身ともに体力は奪われ、
精神的にも不安定になりやすいです。

そのため、インフルエンザにかかりやすく
重症化しやすい傾向があります。

なので、WHO(世界保健機構)でも妊婦さんは
優先的に予防接種をしたほうがよいとすすめています。

インフルエンザの予防接種を妊婦が受ける時期はいつ?予防接種しても影響はないの?

妊娠には初期、中期、後期と期間が分けられています。

妊婦がインフルエンザの予防接種をしてもいい時期は
いつでもOKです!


Sponsored Links


というのも、国内の予防接種は生ワクチンではなく、
すでに害がない状態にした不活化ワクチンの予防接種だからです。

つまり不活化ワクチンを接種したからといって
インフルエンザにかかるということはないので安心です。

なんとなく憶測で「妊娠初期は胎児がまだ未成熟なので
予防接種しないほうがいいよ!」
といったうわさが飛び交っているときがありましたが、
あくまで噂に過ぎませんでした。

これまでに日本では妊娠4ヶ月までの妊婦さん650人に
インフルエンザの不活化ワクチンの予防接種をされましたが、
生まれてきた赤ちゃん達に影響はなかったというデータがあります。

そして、妊娠初期の妊婦さんも
インフルエンザの不活化ワクチンの予防接種をされましたが
生まれてきたお子さん達に特に問題は無いという報告もあるので
妊婦さんはいつでも予防接種しても問題ないという結論に至りました。

(参考文献:「日本産科婦人科学会」厚生労働省の資料より)

インフルエンザもありますし・・・
妊娠中のトラブルはまったくおきないように願いたいところですよね。

願うなら、お腹の子供にはすくすく成長してもらって
元気な姿で生まれてきてほしいものです。

そんなときに、注目されているのが妊婦さん専用のオーガニックハーブティーです。

これを毎日、少しずつでいいので飲み続けると
元気な赤ちゃんを産むことができます♪

私の知人も妊娠すると必ず愛飲しています♪

まとめ

いかがでしたでしょうか。

インフルエンザのワクチンも年々進化を遂げていて
ウィルスの変化に対応して、
より効果がでるようにワクチンの開発も目覚しいものがあります。

インフルエンザのワクチンは確実に効果があるものではないですが、
インフルエンザを重症化しないためにとても大切なワクチンですし
妊婦さんは1回だけ接種すればよいので必要不可欠と考えています。

もちろん、マスクをしたり、
手洗いやうがいをすることは十分に予防になりますし、
十分に睡眠をとるなどして体力の温存をするうえで大切ですので
徹底するようにしていただければと思います。

以上になります。ここまでお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links