隅田川花火大会2016はテレビ中継されるほど
日本でもとても有名な花火大会ですし、
 
東京湾の花火大会と江戸川の花火大会とともに
東京三大花火大会のひとつ
となっています。
 
ですので、いかにも江戸時代から続いてきたような
先入観をもってしまうのですが、
 
そんな有名な大会でも、じつは意外と歴史は浅く
まだ39周年しか迎えておりません。


Sponsored Links


つまり歴史は浅くても有名になる魅力があるのが
隅田川花火大会2016ということになります。

さて、そんな隅田川花火大会2016の日程や
中止になるときはどんなときなのかについて
これからご紹介していきたいと思います。

隅田川花火大会2016日程は?打ち上げ時間は?

隅田川花火大会2016の日程は以下のとおりです。

2016年7月30日土曜日

隅田川花火大会2016の打ち上げ時間は
まだ、公式サイトでは発表がされていませんが

例年通りですと
午後7時5分から午後8時30分までとなっています。

隅田川花火大会2016が中止になるときは?2013年のゲリラ豪雨襲撃事件に学ぼう!

隅田川花火大会2016が中止になるときはゲリラ豪雨しかないと思います。
それは2013年の隅田川花火大会に起こった出来事から学ぶことができます。

2013年の隅田川花火大会は恐怖のゲリラ豪雨により
中止になってしまいました。

当時は花火がスタートしてわずか30分で天候悪化してしまい、
突発的でどしゃぶりのように降るゲリラ豪雨にさらされました。


Sponsored Links


花火がスタートする前から雨が降れば、
”今日は中止になるかも?”と予想がついて避難できたのですが、
雨が降る兆候はまったくありませんでした。

ですので、観客は安心しきって会場に居座り花火に見入っていました。

そこをまるで花火の観客をおちょくるかのようにゲリラ豪雨が急襲したのです。

突然の豪雨に観客はとにかく逃げ惑うばかり、持ってきた荷物や
浴衣も全てずぶ濡れになってしまい散々な目に遭いました。

過去に雨が降って延期になったときはありましたが、
こうやって中止になるのは大会史上初めての出来事でした。

これまで何が何でも中止にしなかった大会主催者でさえ、
”ゲリラ豪雨とひどい雷”に白旗を揚げた形となりました。

ゲリラ豪雨は普通の傘では防ぐことができないほど
強烈な雨だった
のです。

そして会場からすぐにでも逃げようとする観客が殺到したため、
会場の最寄り駅の浅草駅、田原町駅は入場規制をせざるを得なくなり、
立ち往生する事態になりました。

このようにゲリラ豪雨は突然急襲する雨ですので、
天気予報でも予想がまったくできません。

ですが、ゲリラ豪雨対策もできるかぎりのことをするしかありません。

最近ではおしゃれで薄くて持ち運びに便利な
ゲリラ豪雨専用レインウェアも売っています
ので、
ぜひ、用意しておく必要があります。

そして万が一、ゲリラ豪雨がすごすぎてずぶ濡れになってしまった場合
雨の水分によって体温が奪われてしまいます
ので
こういったケースの対策も考える必要があります。

放っておくと低体温症になってしまいますので、
あらかじめ用意しておいたタオルで身体を拭き、
できるかぎり早めに着替えるようにしたほうがよい
でしょう。

そのためにもタオルと着替えは軽めのものを選び、
ゲリラ豪雨でも絶対に濡れないように
防水加工された袋で持ち歩くとよい
と思います。

隅田川花火大会が中止になって悲喜こもごもな人々!そのわけとは?

隅田川花火大会がゲリラ豪雨で中止になったときの反応は
笑う人もいれば泣き叫ぶ人もいました。

隅田川花火大会の中止でどんな人が泣いていたの?

とあるネットSNSサイトでは
ゲリラ豪雨のせいで花火が中止になったこともあり
協賛席が無駄になってしまった方の悲痛な叫びが聴こえてきました。

それもそのはず協賛席は1人あたり1200円~5000円と少なくないですし、
花火大会の開催日よりも2ヶ月~3ヶ月以上も前から
応募をして当選しないと協賛席をゲットすることができません。

しかもゲリラ豪雨でずぶ濡れにさせられた上に
返金もしてくれないのです。
5000円も支払った方は特にショックだったと思われます。

隅田川花火大会の中止で喜ぶ人も?

当時は、もちろんカップルが大勢参加していましたし、
この光景を目にした恋人がいない方達が
ネット上で大はしゃぎしている様子が書き込まれました。

じつは当時あのマツコさんも大はしゃぎしていました。

マツコさんは”テレビ中継の司会者たちがゲリラ豪雨で
ずぶ濡れになる姿が見ごたえがあり、
さらに出演者のテンションが変になってその様子が面白い”と言ってました。

しかも”毎回中止になればいい”とまで言ってました。

この発言を聴いてよく問題にならなかったなぁと思いました。

なぜなら、ずぶ濡れになった観客は低体温症で意識不明の重体になったかたもいたからです。

これだけのことを言ってもまったく波紋を呼ばず
いまやCMにひっぱりだこなんですからもはや無敵ですね。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links