Sponsored Links


絞扼性イレウスの読み方は(こうやくせいいれうす)といいます。
非常に難しそうな名前ですが、いまやかなりの方が
知っている病名となりましたね。
 
絞扼性イレウスの診断法などについての記事でも書きましたが、
腸の管が圧迫されて塞がってしまうことにより
腸の途中で消化物がつっかえてしまうこと
です。
 
腸がねじれてしまうので
腸捻転(ちょうねんてん)として扱われたりします。


Sponsored Links


ほうっておくと腸が壊死してしまうほど
怖い病気
なので、早期発見一刻もはやい処置が必要です。

このように恐ろしい病気なのですが
絞扼性イレウス以外にもイレウスには種類があるんです。

よく絞扼性イレウスの発見が難しいといわれているのも
イレウスの種類がたくさんあるからなんですね。

このたくさんのイレウスには特徴があるので
知っておくことで絞扼性イレウスがどうやって見極められているのかを
知ることができます

では、早速いってみましょう!
 

イレウス種類は図をみればカンタン!

また、イレウスは以下の図のように分類されます。

イレウス

まず、イレウスは機械性イレウス機能的イレウスに分けられます。

そして機械性イレウスは単純性イレウス絞扼性イレウスに分けられます。


Sponsored Links


つまり、絞扼性イレウスとは機械性イレウスの一種なんです。

それぞれのイレウスの性質についてはこちらでご覧ください。

イレウスの種類と絞扼性イレウスの見極め方
機械性イレウスは腸ガンやヘルニア、腸捻転など腸がふさがる原因となるものが
はっきりしている状態のイレウスです。

原因となるものが明らかになっている場合、
取り除くことが処置になるのですが、その場合の多くが
手術をしなければ治りません。

機能的イレウスは主に腸の動きが悪くなることで生じる麻痺性イレウスと
腸がけいれんして腸の機能が失われるけいれん性イレウスがあります。

単純性イレウスは主に腸がくっついてしまう状態のことを
いいます。主におなかがペチペチと金属音が鳴ったり、
おなかにハリがでてくるのが特徴です。

ただし絞扼性イレウスも腸がくっついてしまっていることが
原因で生じる病気ですし同様におなかが膨らんでくる
ので、単純性との見分けが難しいと
されています。

一般的な見極め方は音が鳴っているか鳴らないかと
血行障害が起きているか起きてないかです。

先ほども述べましたが
音が非常に強くペチペチなっているなら単純性イレウスです。

逆に音が静かな状態なら絞扼性イレウスとなります。

そして、血行がよい状態なら単純性イレウスであり、
血行が悪ければ絞扼性イレウスです。
といっても普通では見分けがつかないので

主に病院ではct検査などで慎重に腸のねじれがあるかどうかや
虚血状態かどうかを判断したりして見極めています。

 
いかがでしたか、結構、種類がありますが
それぞれ特徴が異なります。

もちろん見極め方がありますので
ぜひ、知っておくといろいろな面で心強いと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links

おすすめの記事