どぅもー、にんにくが好きすぎのトミスケです(´∀`*)。
 
あなたもご存知の通り、
にんにくはものすごい栄養価が高くて
スタミナを維持するためには欠かせない野菜として
知られています。
 
ですが、にんにくの芽が食べれることを知らない人も多く、
毒性があると勘違いしていて食べたことがない方も
かなり多い
と思われます。


Sponsored Links


(※当サイトではにんにくのまっすぐな茎の部分を
にんにくの芽と表現していますので花のつぼみは除きます。)

なので、にんにくがメジャーな食べ物という扱いとすれば
にんにくの芽はマイナーな食べ物といえます。

でも、にんにくの芽ってにんにくよりも
栄養価も高い
んですよ!
それににおいも、にんにくほどひどくないんです。

だいたいニラを食べたときと同じくらいの
においだと思ったほうがよいです。

日頃、にんにくの芽がでてくると
あ~もう食べれそうもないや・・・」って

ゴミ箱へポイしている人がいるそうなので、Σ(゚Д゚ノ)ノ
非常にもったいことをしているんだということを
教えてあげたくなりますね~(;´∀`)

ってなわけで、
今回はにんにくの芽について真相に迫っていきたいと思います。


 

にんにくの芽の栄養と効能は?

さきほどもいいましたが、にんにくの芽の栄養素は
にんにくとほとんど同じです。


Sponsored Links


詳しい内容はにんにくの美肌効果の記事に
書かれていますので、ぜひ読んでいただけたらと思います。

シミなどができにくくする作用のあるビタミンC、
アリシンによる殺菌効果とスタミナアップ、美肌など
たくさんの効果があるとされています。

ただ、にんにくの芽はカロテンと食物繊維も
含まれています

にんにくにはこの栄養素は含まれてないので
結果としてにんにくの芽のほうが栄養があることになります。

 

にんにくの芽って一日にどのくらい食べれるの?摂取量は?

よく、にんにくの一日の摂取量については
生のにんにくなら1片だけといわれていますよね。

これは、食べ過ぎると強力な殺菌作用のせいで
善玉菌をかたっぱしから、やっつけてしまうので

下痢を起こしたり、胃に穴が開いたりと
結構、つらい副作用があるからなんです。

それに比べてにんにくの芽はそういったことはないといわれています。
とくに、にんにくみたいに被害報告とか確認されてないんですよね。

なので一日の摂取量は決まってないんです。

ただ、にんにくの芽もアリシンが含まれていて殺菌作用があることは
間違いないので、あまり食べすぎるとにんにくと同じような
副作用があると思います

推奨したい一日の摂取量の目安は1人あたり1/2束(50グラム)がよいと思います。

なぜならクックパッドなど著名な料理サイトなどを確認したりすると
1束(100グラム)を2人前で作る方が多い
んです。

ですので、これくらいなら、みんな食べてる量なので
問題ない
という考えから私なりに考えてみました。

こちらの記事もよく読まれています


Sponsored Links